「稼げる人」になりたい人に贈る本

『「稼げる人」になりたい人に贈る本: サラリーマンの特権を使って経済的自由人になる方法(お金の教養シリーズ3)』

「稼げる人」になりたい人に贈る本~サラリーマンの特権を使って経済的自由人になる方法

起業はまだするな!?
サラリーマンのうちにやるべき重要な行動指針とは?

「はじめに」より抜粋

「財布が軽ければ心は重い」とゲーテ(ドイツの作家)は言いました。
「財布が軽い」とは「お金が少ない」という意味です。
お金が少なければやはり社会生活の中で心が重くなります。

お金の悩みや不安は人の心を惑わせ、ときに行動を狂わせます。

そんなお金の悩みを解消するためには 「稼げる人」になることが必要です。 しっかりとしたお金の教養を身につけて、 決して人生を狂わせることがないように 適切な行動を心がけることが大切です。

人の社会生活はお金を 「稼ぐ(=収入を得る)」ところからスタートです。

高収入を稼げる人たちというのは ほぼ例外なく視野を広く遠く持っていて、 目先のこと・短期的なことにこだわらない、 という姿勢を持っている人たちだと言えます。

稼げる人と稼げない人、 両者を分ける差はこうした視野・視界の差であり、 心の持ち方に端を発していると言っても過言ではありません。

本書から「稼げる人」になるきっかけを学んでいただけたら幸いです。

本書目次

はじめに
第1章 稼げる人の共通点
1.稼げる人になるための心構え
2.すべては目的と目標による
3.アント(蟻)の法則の上位に属しよう
4.稼ぐ人が就いている職種とは?
5.稼げる人の心の姿勢
6.逆境時の考え方・意識の持ち方
第2章 会社に依存しない生き方
1. 何かに完全依存することをやめる
2.国家に頼らないくらいの気概を持つ
3.お金持ちを目指すか? 経済的自由を目指すか?
4.自分の就労力を増やさずに「稼ぐ」には?
5.権利収入という稼ぎ方
6.収入は自分で決められるもの
第3章 自分でビジネスを展開する発想を持つ
1.給与年収600万円を不動産投資に置き換えると…
2.営業職を志望せよ
3.お金の問題の解決法=お金の方程式を探る
4.お金の稼ぎ方の習慣
5.自分でビジネスをスタートするときに知っておくべき5カ条
6.一人ビジネスでお金を稼ぐ例
終わりに
ご案内

orderbutton

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る