上場企業流!伸ばす経営術

『上場企業流!伸ばす経営術: 社長・経営リーダーが今すぐ学ぶべき「勝ち組経営」の本質』

本書は、東証一部上場企業で経営リーダーとして携わってきた私自身の経験から、「迷宮の道順」をお伝えするものです。次のような悩みを抱えている社長・経営リーダーに向けて書きました。

・年間業績目標がいつも達成できない
・ビジネスがうまく軌道に乗らない
・自社ブランドを構築できていない
・現場に張り付いてばかりで経営に専念できない
・今はうまくいっているが、次に何をすればいいのかわからない
・社員(部下)との関係が良好でないと感じる
・社員(部下)たちが期待したほど育ってくれていない

こうした悩みをお持ちの社長や経営リーダーは、 多くいらっしゃると思います。 ご安心ください。ありがたいことに、 その迷宮の道順=解決策はすでに用意されています。

「はじめに」より抜粋

アメリカの有名な神話学者ジョセフ・キャンベルは、こう言いました。

「私たちは冒険を一人でする必要はない。今までの英雄たちが私たちの先へ行ってくれているからである。迷宮の道順はすでにすっかり解き明かされているのだ」と。

本書は、東証一部上場企業で経営リーダーとして携わってきた私自身の経験から、その「迷宮の道順」をお伝えするものです。

数々の経営のヒントを、経営者の方に実践してもらえるように解説いたしました。

経営者の抱える諸問題の原因は、行き着くところ経営者自身の心の姿勢にあり、経営者としてどんなマインドをもって経営に臨んでいるのか? というところに、不安や悩みを抱えてしまう原因が隠されています。

しかも、ほとんどの経営者は、薄々そのことに気づかれていることが多いものです。

気づいてはいるけども認めたくないという気持ちがあり、またその一方でどうすればいいのかがやはりわからない……という人が多くいらっしゃいます。

歴史ある企業の経営者や、事業をより発展成長させていく経営者の方は、そうした「過去を忘れる/いったん横に置いておく」ということができる人たちばかりなのです。

がむしゃらに突っ走ってこられた経営のかじ取りを、ここで改めて論理的に正当なかじ取り術に変えて、事業経営航路を定め直されることをおススメいたします。

「経営者の自分が何をいまさら学ぶというのだ!」という大上段に構えるのではなく、「改めて何か気づくことがあるかもしれない」と素直な気持ちでお読みくだされば幸いです。

本書目次

はじめに
第1章経営者学のヒント
1.正しい経営予算の立て方を理解できていますか?
2.なぜ、社長は経営者学を学ぶ必要があるのか?
3.自営業は個人、企業は組織
4.企業を大きく発展させたいのはどうしてなのか?
5.経営とは?
6.経営者は社員の教育研修の大切さを知る
7.社長の最大のメッセージは人事に表われる
8.決裁書類をデスクで眠らせない
第2章部下マネージメントのヒント
1.部下(=社員)に大局観を与える
2.部下(=サラリーマン)には賞味期限がある
3.部下は社長のために働くのではない
4.部下を動かすリーダーパワー
5.部下を雇われ管理職にしてはいけない
6.部下の目標管理
7.部下を認めるコツ「かなはほま」
8.部下への包容力と許容力を持つ
第3章組織運営のヒント
1.知恵がないとお金もなくなる
2.ブラック企業へのワナ
3.会社のM&A
4.経営を考えるときに欠かせない要素=人間
5.組織のトップが変わると組織の未来が変わる
6.経営者の引き際
7.仏像の顔に着目して学べること
8.経営者が最終的に求めること
終わりに
ご案内

orderbutton

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  2. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  3. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  4. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  5. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  6. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  7. 2016-12-7

    人事評価は達成率よりも「達成額」を重視するほうが大切

    会社内では、人によって目標が異なり、目指すゴールの難易度に差があります。 営業部で言えば、月間…
  8. 2018-2-12

    反復なくして成果・結果なし!

    お酒を飲むと誰だって多少は酔います。 同じように、いい本やいいセミナーを受けると、「ああ良かっ…
  9. 2019-6-28

    その人は何の「プロ」なのか?

    世の中には「プロ」と「アマ」の2とおりの人がいます。 「プロ(プロフェッショナル)」とは、…
  10. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る