企業の成長期・発展期は借金経営のほうがベター

一般的には、家計において借金はしないほうがベターです。

なぜなら、その借金は「消費」に充てられているものなので、収入を超えた過度な支出をしていると、やがて家計破綻になるからです。

これと同じことが企業経営においても言えますが、大事なのはあくまでも「消費活動に向けた借金はダメ」・・・ということです。

企業経営で借金をするときは、一般的に消費ではなく「事業の投資活動」にお金を振り分けることが多く、そうした「投資」に充てるのであればむしろ積極的に借金することもアリ・・・です。

経営をしたことのない普通のサラリーマンの人は、企業経営においても借金なんてしないに越したことないし、できれば無借金経営が良い・・・と思うかもしれません。

それも一理ありますが、そうした経営はいわゆる 「成長・発展期を超えてから・・・」だと思います。

成長・発展期までは、レバレッジの効果を活かすうえでも、借金してガンガン攻めの経営を貫いていくほうがベターだと思います。そうしなければ、会社を大きくするのに何十年もかかってしまうからです。

何十年も経つのを待っているうちに経営者はあっという間におじいちゃん/おばあちゃんになってしまうし、最悪の場合はその前に倒産する危険性もあります。

借金をしないほうが倒産する・・・というのはちょっとおかしく聞こえるかもしれませんが、経営を軌道に乗せ、安定的な売上・利益を確保できるレベルまでは手綱を緩めないほうがベターで、そのためには借金してどんどん事業投資にまわすほうが効率的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビジネスに長けた頭の良い人の中には、いかにして自分のお金を使わずして(=他人のお金を使って)利益を生み出していくか?・・・とということを考え抜く人がいて、こんな言葉が生まれました。

アザー・ピープルズ・マネーという言葉です。

要するに他人のお金です。頭文字をとってOPMと言ったりしますが、このOPMで時間を買う・・・という考え方です。

経営の攻め時に貪欲になってガンガン新しい案件にチャレンジして事業の間口を広げていき、逆に退き時だと思えばそれらの中から有望分野だけにリソースを投入して他は切り捨てる・・・。

結果、有望な事業だけを車内に残し、しっかり利益の出る体質にしていく・・・というものです。

だけど、世の中の多くの個人経営者レベルの人は事業拡大よりも節税といった後ろ向きのことを考えてしまったりします。その結果、拡大ではなく縮小して利益も減っていきます。

企業の成長期・発展期には不要不急の節税など考えないで、もっと前を見て事業拡大や新規顧客の創造や売上・利益の伸長を追求していったほうが良いと思います。

そのためには「借金」することが有効な手法であり、それができる経営環境になければ、そもそもその事業/企業経営は失敗状態にあると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  2. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  3. 2017-9-2

    サラリーマン→個人事業主→法人社長という生き方

    世の中には、意図的に自分で描いた人生のステップを踏んで人生を謳歌していく人がいます。 サラリー…
  4. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  5. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  6. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  7. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  8. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  9. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  10. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る