不動産投資物件の2つの求め方

不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正当に認められています。

極端な話、自己資金0円で満額銀行融資が得られるのなら、それはすごくラッキー!な話です。

なぜなら、1円も自分のお金を出さずに「不動産」という財産を将来得られるのですから・・・(ずっと滞りなくローンを支払い続けることができればですが・・・)。

そうした融資を「フルローン」と呼んだりしますが、フルローンが降りるからと言って安易な気持ちで不動産を購入するのも、実はちょっと考えモノ・・・です。

大事なのは、フルローンが降りるかどうかではなく、その物件が黒字のキャッシュを生んでくれるかどうか・・・です。

いくらフルローンが組めても、毎月の収支が大幅赤字では意味がありません。

キャッシュフローがちゃんと生じるような計算(シミュレーション)ができていなければ、その物件を購入することは失敗につながります。

黒字のキャッシュを生まないローン(借金)を喜んでいると、近い将来に痛い目に遭います。

・・・・・・・・・・・・

不動産投資を業者任せで受け身的な姿勢でいる人は、

1.紹介介された物件資料を見て

2.買うか買わないかを判断する

・・・という流れです。

ところが、自分のライフプランを前提に投資を考えている人は、

1.購入条件を予め決めておき、

2.物件の所在地、立地、構造、築年数などのバランスを見ながら、自分で購入価格を決める

・・・という流れを取っています。

自分の想定した(決めた)価格帯に合致しなければ、ムリをせずに購入を見逃します。

なぜなら、購入しなくても何ら「損」をすることはないからです。

フルローンではなく黒字のキャッシュを求め、物件ではなく機会(チャンス)を求めているわけです。

商品をフルローンというおまけ目的で買うか買わないか?を判断するのか・・・、それともおまけには目もくれず(あればラッキー!くらいの感覚で)自分の欲しい商品があるのかないのか?で探すのか・・・という違いがあると思います。

もちろん、どんなスタンスで投資を行なうのかはその人の自由ですから、どちらも正解です。

ただ、どちらがベターな考え方か?・・・というと、私は後者のほうだと思っています。

要は自分の求めるもの・・・価値観・哲学次第です。

大切なのは、「不動産投資を行なう目的」を自分自身でキチンと認識して、その実現のために不動産投資を行なう・・・ということを見つめ直すことだと思います。

それを忘れてただ単にお金だけを追いかけると、うまくいかなかったときに後悔しますし、場合によっては右往左往するばかりで何も得るものがなかったりします。

私が投資テクニックよりも投資マインドをいつも重要視しているのは、こうした考えをいつも持っているからです。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  2. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  3. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  4. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  5. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  6. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  7. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  8. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  9. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  10. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る