雇われる立場から脱却する思考回路を持てるか?

サラリーマンは「仮に今、会社を辞めて同じ仕事に就いたとき、果たして今と同じような生活をしていけるだろうか?」・・・という問いかけを折に触れてやってみると良いと思います。

 

答えが「イエス」であれば問題なしですが、答えが「ノー」であれば今現在の自分の処遇はかなり厚遇扱いだと気づけます。

 

また、そう気づくことが大事です。

 

そして、「イエス」と言い切れるようになるまで今の仕事で努力を重ねて自己研鑽する意識を持つことが重要です。

 

場合によっては、配置転換/異動等で職種を変えることも選択肢の一つになりえます。

 

・・・・・・・・・・

エジプト文明など、古代文明では数多くの「奴隷」がいたとされています。

 

奴隷たちに目標があったかどうかわかりませんが、もし仮にあったとすれば、それは自分が平民になるjことでも貴族になることでもましてや王族になることでもなく、奴隷の中のトップ/奴隷のリーダーになることだった・・・と言われています。

 

そこには「奴隷の身分のままでその先への発想が乏しかった」という悲しい限界があるようにも思えます。

 

身体に鞭の跡が残り、アザだらけ、泥と埃だらけになりながらも、ひたすら「人に使われ続けることを選ぶ」という意識止まりで、奴隷であること自体にはひたすら我慢だった・・・と言えそうです。

 

我慢が我慢だと気づかなくなることは良い面も悪い面もあります。

 

サラリーマンも、会社の中でいろいろな我慢を強いられて日々働いています。

 

そうした職場環境で辛い思いをしてるなら、「一生雇われの身で働く」意識が「奴隷という身分のまま」と同じことだと気づき、その意識を早く捨て去ることが大事だと思います。

 

言い換えれば、早く「一国一城の主になる」「自分が人を雇う側の人間になる」ということです。

 

奴隷・・・という言葉は好きではありませんが、サラリーマンも自分が奴隷と同じような立場にならないように気をつけるべきだと思います。

 

資本主義経済社会において人は「雇う側と雇われる側」に分かれるのが定めであり、誰しもそのルールから逃れることはできません。

 

重要なのは、ルールはそうであってもそのいずれを選択するのか?・・・は(かつての古代文明の奴隷たちと違って)自分で選ぶことができる!・・・ということにとにかく一刻も早く気づき、行動を起こすことにあると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…
  2. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  3. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  4. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  5. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…
  6. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  7. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  8. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  9. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  10. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る