機関投資家にはない「個人投資家の強み」

個人投資家には機関投資家と違って「決算期」という概念・縛りがありません。

 

受託者責任に基づく第三者への説明義務もありません。

 

月次報告書を作成・提出する必要もありません。

 

確定申告のために保有している金融商品を定期的に売却したりする必要もありません。

 

そうした点が個人投資家と機関投資家の大きな違いとして挙げられます。

 

見方を変えれば、「個人投資家は時間を味方にしている」・・・と言えます。

つまり、時間軸を気にすることなく長期で運用を考えることができるわけです。

 

だから、個人の場合は運用パフォーマンスが悪いからと言ってその場しのぎに偽の報告書を作ることもなければ、誰かの叱責にビクビクしながら日々を過ごすこともありません。

 

これは個人投資家の大きなアドバンテージだと言えます。

 

逆に言うと、機関投資家と呼ばれるプロの投資家にはこのような時間の制限が必ずついてまわります。

 

決算があり、その期間内で高パフォーマンスの結果を出すことが求められます。

 

そのため、機関投資家は価格に関係なくある一定の時期において機械的にポジションを落としてくること(=商品の売却をするということ)もしばしばあります。

 

そのサイクルは3ヶ月ごと(四半期ごと)であることが多くなっています。

 

個人投資家は正々堂々と今年の損失分を翌年にまわすことができますが、機関投資家には原則としてそれができないわけです。

 

また、4半期ごとに委託先の年金基金の理事などに状況説明を行なう必要があったりします。

当然、その際には整合性のある説明を求められます。

 

だから常に3ヶ月サイクルで運用方針を決めて実行する必要が生じます。

 

個人投資家というのは情報収集力や資金の規模では機関投資家に劣りますが、何よりも時間の強みを生かすことで自分なりのパフォーマンスを上げることが可能です。

 

後は、その強みを活かせるかどうか?・・・です。

 

個人投資家は機関投資家と違って時間を味方にしているわけですから、常に長期スタンスで投資に臨み、仮にマーケットが低迷・暴落しているときであっても目先の価格変動に一喜一憂することなく悠長に構えていられるのは本当にありがたい点だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  2. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  3. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  4. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  5. 2018-2-1

    己を奮い立たせる言葉を持とう!

    サラリーマンの多くは、歳を重ねるにつれて会社内で地位が上がり、経済的にもゆとりができて、若い頃を振り…
  6. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  7. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  8. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  9. 2021-5-3

    失敗しにくいビジネスの条件8つ

    ビジネスにもいろいろありますが、次に挙げる条件をすべて満たしていれば失敗を回避できる確率がグッ!と上…
  10. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る