お金の教養を身に着けずに「借金をする」のは……

昔の小説によく出てくる悲哀をうかがわせるストーリーには「借金・貧乏」がたいてい含まています。

これは「日々の生活を過ごすためにやむを得ず借金をする → 悲哀を生む・・・」というパターンが読者の共感を呼びこみやすいからかもしれません。

ここでいう 「日々の生活を送る」は昔の概念で言えば、単純に「糊口をしのぐ=飢えをしのぐ」ことです。

そもそも昔は、「借金=親戚に頼む」が基本で、それは人として大変みじめで情けない姿だという教育観が施されていました。

明治~大正~昭和にかけて借金といえば親族や友人に借りることで、それはとても恥ずかしく屈辱的な行為だった・・・わけです。

そのため、中には「質屋」で家宝や衣服・宝飾品を質入れしてお金を手に入れる・・・という手を使う人もいたようです。

今の時代では、ほとんど考えられないことだと思います。

今の時代、そういう人はどうするか?というと、「消費者金融やクレジットカード会社」で「キャッシング」という手法でお金を借ります。

これは、かつての借金と違って「見知らぬ第三者(会社)からお金を借りる」というところに、かつての心理的屈辱感を払拭したものがあると思います。

場合によっては、誰にも会うことなく(顔を合わせることなく)カード一枚で手軽にお金を手に入れられる・・・という側面もあります。

貸す側も「気軽な利用」を促進しています。

人に会わず、頭を下げる必要もなく、数分でお金を手に入れられる・・・となれば、恥ずかしい思いや屈辱感を味わうこともありません。

だから、そうした手法でお金を借りる人が増えても不思議ではないと思います。

でも、そこに落とし穴があることも事実です。

手軽さゆえにその後の「返済」に苦労します。

下手をすれば、家庭不和、離婚、退職、犯罪、夜逃げ・・・といった人生を大きく狂わす展開になりかねません。

自己責任と言ってしまえばそれまでですが、消費のためにお金を借りることは現に慎む必要があると思います。

特に、社会のことをまだあまりよくわかっていない若者には、「消費のための借金」は禁物です。

金銭管理の知識もなく、基礎もできていない若者には危険な行為だと思います。

昔に比べればはるかに簡単にお金を手に入れられる時代になりましたが、だからと言って「お金を簡単に手に入れて良い」ということでもないと思います。

お金の教養を身につけ、お金の管理の基礎ができている状態でなければ、むやみやたらに消費のためお金を借りることはしないほうが良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  2. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  3. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  4. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  5. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  6. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  7. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  8. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  9. 2018-2-6

    ビットコイン(仮想通貨)がインフレ起爆剤になるか?

    580億円分の仮想通貨「NEM」がコインチェックから流出した問題についていろいろな説が囁かれているよ…
  10. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る