新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってください・・・」とお願い営業を仕掛けてきました。

私はこうしたお願い営業が好きではありません。

ビジネスである以上、こちらも株主や社員やお客さまなどへの責任を負って経営しているからです。

責任を負っている以上、安易にお願い営業で首を縦に振ることはできません。

正当な根拠、合理的な理由がないことを選択することはビジネスではご法度ですし、リーダーはその覚悟を持つことが大事だと思います。

まあ、営業マンは注文を取ることが仕事ですから、必要があればいくらでも頭を下げたり、調子の良いことを言いますが、大事なことの一つは(→大事なことはたくさんあります)

「過去の実績があること」

です。

実績のない会社が新規の注文を取るのはけっこう大変です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

物事には必ず「初めて」というタイミングがあります。

どんなに立派な会社も、必ず「初めての注文」という機会があったはずです。

また、どんなに今実績がある会社もその実績を出すための努力を日々工夫して重ねてきています。

では、開業したばかりでまだ実績がない会社はどうすればいいか?

ちょっと矛盾するような言い方ですが「実績を出す/作る」しかありません。

「その実績がないからどうすればいいのかと聞いているのに・・・???」と言われそうですが、つまりは実績がなければ実績を作ればいい・・・ということです。

どういうことか?

たくさんの実績を作る必要はありませんから、3つ~5つくらいの実績をまずは無料で作れば良いと思います。

お客さまに無料モニターとなってもらい、商品を提供すれば良いと思います。

無料で提供する代わりに、その実績を宣伝広告に使わせてもらう・・・と了承してもらっておくわけです。

そこでかかる費用は「先行投資/初期投資」と思えばどうってことありません。

こうやって実績を作っておけば、あとは堂々と販売促進に使えます。

3つと言わなくても、まず1つでも成功実績ができたら、それを元に営業活動を行い、次に2つ目の実績ができたらそれを加えて営業に使い、3つ目ができたらそれをさらに加えて・・・・・・とやっていくと信頼度が増します。

実績はやはり選択と決断をするときに決め手の一つになります。

実績がモノを言う!・・・です。

お願い営業に頼るのではなく、キチンとした実績をもって堂々とビジネス展開していくほうがベターだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…
  2. 2017-11-29

    【推移公開】最初に収益不動産を購入してから7年経ちました

    不動産投資を最近始められた人はこれからがたいへん楽しみだと思いますが、一応「投資」である以上リスクも…
  3. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  4. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  5. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  6. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  7. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  8. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  9. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  10. 2017-12-12

    上位20%に集中してみよう!

    昔からよく言われるように「80:20の法則(パレートの法則)」があります。 会社の売上例で言え…

澤井豊の著作一覧