【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せになることを考えていたりそのような行動をします。

自分が得るお金は「他人が喜ぶこと、感謝されるようなことに自分がどれだけ貢献できたか?」・・・で決まるものだという発想をします。

つまり、自分が他人の満足するような事に何も貢献できていなければお金(報酬)は得られない・・・と考えているわけです。

これがサラリーマンだとちょっと違います。サラリーマンはただ単に会社に所属していれば給料をもらえる・・・と考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは「投資」にも言える話です。投資で成功していくと、やがて人は大きく2つのタイプに分かれます。

一つは自分さえ良ければいいと考える投資家であり、もう一つは自分だけでなくもっと多くの人を幸せにしようと考える投資家です。おススメしたいのは後者のタイプになることです。

不動産投資で言えば、お金を投資しているのは自分であっても、不動産を管理してくれたり、入居者を募集してくれる管理会社の存在があったり、そして何よりも賃借してそこに住んで家賃を支払ってくれる入居者の方がいるからこそ成り立つものです。

それなのに、管理会社や入居者に偉そうに上から目線でモノを言ったり、文句ばかり言っていたのでは運気が逃げていってしまいます。

管理会社・仲介会社、入居者とコミュニケーションを円滑にとり、所有する不動産に関わっているすべての人がハッピーに暮らせるように想い願う姿勢が大事だと思います。

さらに多くの人に喜んでもらおうと思えば、そんな不動産投資のノウハウやコツや留意点などを情報発信することが挙げられます。世間の見知らぬ誰かに対しても好影響を与えて、ハッピーになってもらうわけです。

そうしたことができる人であれば、きっと何らかの形でその人自身もまた収入を伸ばしハッピーな暮らしができると思います。

大切なのは、自分だけが成功することを追い求めるのではなく、「自分がいかにして多くの貢献、奉仕を世の中に提供できたか?」を意識する姿勢だと思います。

多くの人からたくさんの「ありがとう」という言葉を得られたなら、きっとその人の元にはお金が入ってくるようになっていると思います。

逆に多くの人・世間に迷惑をかけることをし続けていたなら、お金はどんどん手元を離れて去っていくと思います。

報酬・給料・儲け・利益・・・といった収入の本質にある大切なことは、つまるところ世の中に好影響を与えてたくさんの人から「ありがとう」と感謝されたことのご褒美・・・だと思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  2. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  3. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…
  4. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  5. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  6. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  7. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  8. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…
  9. 2021-2-16

    300万円の元手で車を買うなら…?

    仮に今自分が300万円を貯金していて、特に使い道が決まっていないと仮定します。 …
  10. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る