【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確にする日でもあります。

うまくいった人・・・おめでとうございます。

うまくいかなかった人・・・新たなチャンスをつかみ取ってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「卒業」とは,、学校などで一定の学びを終えて「次の新しい世界へ足を踏み出す機会を持つこと」です。

一昨年はベッキーさんの騒動で、離婚のことを比喩的に卒業と言い表して話題になりましたが、どんな人でも卒業の経験はあるものです。

そして、卒業に付きものなのが「人との別れ」です。人生はその繰り返しでしょうね。

でも、人生で経験することはすべて「学びの経験」と置き換えることができますし、それを経験・卒業することでまた新たな世界に進んでいけるのだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

失敗したこと・・・うまくいかなかったことを自分なりに「学び」に変えていくことは大事ですが、そうできるかどうかは人それぞれの感性と価値観次第です。

うまくいかなかった経験も一つの学びの経験だ!と思えば良いのに、そうした教育・価値観を施されずに育ってきた人はついうまくいかないことを他人のせいにして何も学ぼうとしなかったりします。

もったいないことだと思います。

学びの経験である以上、そこから何かを学んで自分を成長させる機会にすることが大事です。世に言う「成功している人」ほど、実は多くのうまくいかなかった経験をしているものです。

つまり、それだけたくさんの失敗をしているわけです。

たくさん失敗をして、その経験からたくさんのことを学び、たくさん自分を成長させてきたからこそ、今の成功を手にしているわけです。

ここで大事なことは、そうした成功してきた人だって「失敗するのが怖くなかったわけではない/常に不安は抱えていた」・・・ということです。

人間、誰だって痛い思いをするのはイヤですし、できればすべてうまくいってほしいと思うものです。

でも、何事も恐れを抱いているだけでは前進できないし、勇気を出して「一歩」を踏み出し、次にまた「一歩」を踏み出すことが大事です。

立ち止まっていたら、望む人生は手に入りません。

たとえ転んだとしても、それによって死ぬことさえなければ、いくらでもまた立ち上がることができます。成功する人はそうしたことを知っています。だから、前に進もうと自分を奮い立たせます。

失敗=うまくいかなかった経験というのは「学ぶ経験」だ・・・と理解することが大切で、そこで学んだことや経験を活かす意味で「一つの卒業」を果たし、次の新しい世界へ進むと良いと思います。

そうやって、人は人生に広がりを持たせて歩んでいくのだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  2. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  3. 2018-1-10

    昇り坂の儒家、降り坂の道家

    「昇り坂の儒家、降り坂の道家」という表現があります。 意味はこうです。 昇り坂、つまり人…
  4. 2018-5-6

    定年後(老後)の準備は貯金だけでは心許ない・・・

    サラリーマンの定年年齢が徐々に引き上げられています。 今の若い人には信じられないかもしれません…
  5. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  6. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  7. 2017-12-31

    【重要】上品な人と下品な人の差とは?(身口意の三業)

    よく「品がある/ない」という言い方をしますが、上品と下品とを分ける差は、なかなか言葉で言い表わそうと…
  8. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  9. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  10. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る