【重要】「持ち家志向」の前に持つべきものとは?

これまでの日本人の人生設計の中には「持ち家志向」が根強くあったと思います。

社会人になった後、サラリーマンの多くはどこかの段階でマイホームを購入する・・・というのが暗黙のうちに「夢の一つ」として位置づけられてきたように思えます。

ところが、時代は流れ、いつしかそうした考え方は薄れてきました。

持ち家は一つの財産になり得ますが、果たしてそこまで多額のお金を借金して持つべきものなのか?/人生の早い段階でローンを組んで購入して後の人生はひたすらその返済に追われるという生き方がはたしてベターなのか?・・・といった視点で持ち家志向を疑問視する人が増えてきたように思えます。

昔は、住宅ローンの返済が終わったころに自分自身が定年退職を迎え、その後はローンの無い家で公的年金と退職金で悠々自適に暮らす・・・というパターンが一般的でした。

ところが、今では定年退職をしてもローンの返済が残っている、退職金がない(あってもわずか)、公的年金だけでは暮らしていけない、という現実があり、またそれを多くの人が知るところとなりました。

そうであれば持ち家を最初から持たず、一生を賃貸暮らしで過ごしても構わない・・・と思う人が増えたのも頷けます。

どちらが正しい/間違っているではなく、自分の生活環境や生き様次第で正解は変わってくると思います。

私は昔から「持ち家派」ですが、「賃貸派」の言い分もよくわかります。

根底にあるのは「その人の価値観/哲学」であり人生をどのようにとらえているかによると思います。

借金をして家・マンションを買うというのは、カツカツの生活費しか稼げていない人にとっては非常にリスクが高い買い物であることは間違いありません。

だからこそ、自分の収入を今後も継続して増やしていける人には「購入が正解」となり、収入を増やせない人にとっては「賃貸が正解」となるとも言えそうです。

金額が年収の何倍もする購入物を、多額の借金をして、しかも金利上昇リスク/定期収入の喪失リスクを背負ってまで購入することは確かにキケンです。

ここしばらくの間低金利時代が続いています。

人々は「低金利が当たり前」という認識に陥っていますが、でも金利上昇リスクを甘く見てはいけないと思います。

ただし、ここで大事なのは、リスクに対して盲目的になることでもリスクを全面的に受け入れることでもなく、あくまでもリスクを承知したうえで自分の行動計画を練り、悔いのない生き方を貫き通すこと」だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  2. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  3. 2021-12-27

    より良い人生を送るための種まきを年末に!

    「資産が億円レベル」という人であれば、かなりの贅沢さえしなければ老後の生活はほぼ安泰だと言えます。 …
  4. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…
  5. 2018-7-4

    自己管理能力を磨こう!

    エルバート・ハバードという人が自己管理能力についてこう言っています。 あなたが「やるべきこと」…
  6. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  7. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  8. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  9. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…
  10. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る