【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞きました。

その原因はいくつかあると思いますが、一つが「金銭担保不足」ということだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそも人が何かを「借りる」とき、貸す側の立場で見て必要になるのは「キチンと返してくれると思えるだけの証左」です。

そうでなければ貸す側は安心して貸すことができません。

例えば図書館で本を借りるとき、図書館側は借りる人がどこに住んでいる誰なのか?を証明するために免許証などで本人確認をして貸出カードを作ります。

これによって、もし本が返却されないときは、その住所・本人に返却を促し、最悪の場合は法的手段に訴えかけることになります。

住宅ローンを借りるとき、銀行はその住宅に抵当権をつけて担保を取り、かつその人が勤務している会社名、場所、連絡先を知ることで返済能力があることを確認します。

場合によっては連帯保証人をつけて返済の滞りを防ごうとします。

たいていの場合は、借りる人がどこに住んでいるかを確認して、ある程度のお金を持っていることが確認できれば「貸す」ことができるものです。

モノではなくお金を貸す場合でも、まずは「どこに住んでいる何という名前の人なのか?」を確認します。

ところが、その肝心な「住むところ」を貸す場合・・・すなわち住居の賃貸に関しては「家賃の支払いを担保する」ことが最重要となります。

そのために保証人や勤務先等が必要になるわけですが、高齢者になればなるほどその担保がもはや存在しなくなっていきます。

すでに退職して働いていなかったり、親や兄弟や子どもがいなければ保証人をつけることもできません。

そうなると住む場所を「貸す」ことができなくなるわけです。

ここに、「高齢になればなるほど自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる」・・・理由があるのだと思います。

これは言い換えると「引っ越しができなくなる」ということです。

注意しなければいけないのは、仮に今住んでいるところがあって自分は引っ越すつもりなどない!・・・と言っても、その家屋の老朽化等で立て直しが必要となり、自分の意とは反して引っ越しせざるを得なくなる場合がある・・・ということです。

そうなると、住む場所を一気に失います。

昔から「家は買うか?借りるか?」という議論がよくされていますが、こうした観点で言えば「高齢者になる前に所有するほうが望ましい」・・・と言えそうです。

権利収入のお金の源泉があって、毎日ホテル住まいができる・・・という人であれば大丈夫ですが、そんな人はごくごく少数だと思います。

退職して働かなくなる前に、その後の自分が住む場所の確保をしておく・・・少なくともその目途をつけておく・・・ということは大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  2. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  3. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  4. 2017-6-27

    問題解決時に気をつける「ある質問」とは?

    仕事ではさまざまな問題が生じます。 リーダーは、責任をもってそれらすべての解決に力を注ぐことが…
  5. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  6. 2017-2-22

    お金で時間を買う/時は金なり

    A地点からB地点に行くとします。 A地点からB地点に一直線に行くことが効率的で、寄り道して回り…
  7. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  8. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  9. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  10. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る