もし1億円の貯金があったら?

たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その結果1億円の貯金をつくったとします。

もし1億円の現金があればどうするか?

多くの人は銀行などに貯金したままかもしれません。

一つの節目でもある金額「1億円」を体験すると、なぜかその金額を減らすことに臆病になってしまって、使おうとしなくなるかもしれません。

たとえば、それで1億円分の不動産を買ったら、手持ち現金は0円になりますから、何となく損をした気分になる人もいると思います。

また、もう一度1億円貯めよう・・・と思っても相当な時間と労力がかかるので、多分もうそんなことはしたくない・・・というのが正直な気持ちだと思います。

貯めたお金をまったく使わないようにしていても、基本的にはお金は減らない代わりに増えもしません。

貯金は確かに最初は強いです。

でも、いずれ自分が働いて自分でお金を稼ぐことができなくなるときが来ます。

稼ぐには身体的に、精神的に、社会的に限界が来るということです。

そして、最初はあまり目立つことがなくても「自分以外の何か」によってお金が入ってくる仕組みを構築し続けてきた人にはいずれその果実を大きく得られるときがやってきます。

何もしなくても毎年数千万円~億円ものお金が入るようになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

仮に貯めたお金を使って不動産投資を行った場合、それはすなわち持っているお金を不動産に換えたことを意味します。

現金が物件に形を変えただけなので、本質的には財産を失なったわけではありません。

それどころか、仮に1億円の物件でその収益率が10%であれば、何もしなくても1000万円の利益を毎年もたらしてくれることになります。

単純計算で3年で3千万円、5年で5千万円、10年で1億円となります。

1億円の投資で10年後には元金回収して財産が2倍になる計算です(あくまでも単純計算です)。

さらにそこで得た1億円で再び収益率が10%の不動産を買うことができたなら、翌年からは合わせて2千万円の収入を得られます。

このように「得た収益」を「再投資」していくと、雪だるま式に財産を増やすことが可能になるわけです。

ただしそれには「時間」が必要です。

これを「時間を味方にする」と言ったりします。

投資はリスクがつきものですが、リスクを恐れていたら果実は得られません。

時間を味方につけて投資による果実を得ることが常態化できるように、勇気をもって一歩踏み出すことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  2. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  3. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  4. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  5. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  6. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  7. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  8. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  9. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  10. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る