自分への投資を怠らない・・・

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

「初心忘るべからず」という言葉があります。

元来は世阿弥『花鏡』の言葉で、

「是非の初心忘るべからず

時々の初心忘るべからず

老後の初心忘るべからず」

の一部です。

4月もそろそろ終わりのこの時期だからこそ、新社会人は改めて「初心忘れるべからず」の精神を思い出してみると良いでしょうね。

・・・・・・・・・・

今後、日本よりも経済が伸びそうな国の株式に投資したり、金利の高い国で預金したりすることを考える人もいると思います。

それも投資の概念では一手として有効です。

一番うまくないのは、一攫千金を狙ってよくわからないものにお金を投じてほったらかしにする・・・というやり方で、これだとそのうち丸ごとごっそり失ってしまう・・・という無意味なお金の使い方になるかもしれません。

名前の知れている有名人や、銀行・証券会社の人や、Youtubeの動画やネット上の広告で見かけたり聞いたりしたことを鵜呑みにしてお金を出費するのはちょっと危険です。

自分で監視できるものであればともかく、自分で監視すらできないものにお金を投じるのは本当に危険だと思います。

よく言われることですが、新社会人にとって一番良い投資というのは「自分への投資」です。

未来のなりたい自分、欲しい年収に近づけるようなスキルの習得や経験にお金を使うことを意味しています。

勉強・学習というよりも修行感覚で時間をかけて自分のレベルを上げていく(これは放物線を描くように急カーブで成長します)ような投資と認識すると良いと思います。

自分で考え、調べ、決断していく過程が自分を成長させてくれます。

その決断・判断の結果がやがて自分の収入や人生に反映されていきます。

まずは、自分がどんな人生を生きたいのか?どこに住み、何をして、いくら稼ぎたいのか?などを文字におこして視覚にも訴えかけると良いと思います。

自分が手に入れたい未来を書き出してみてください。

そして、その手に入れたい未来を単なる妄想で終わらせるのではなく、自分自身に投資したことによっていつの日か実現できることを信じてください。

1年や2年では実現できないことも多いと思いますが、長い目で見ることができるのが若者の特権です。

仮に3年でも継続すればかなりの実力がつくでしょうし、10年も続けたならかなりのレベルに至っているハズです。

それでもまだ30代なのですから前途有望です。

自分自身への投資を怠らず、そして今そう決めた「初心」を忘れることなく習慣として続けていくと未来は明るいと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  2. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  3. 2019-6-5

    【重要】投資は必ず「頭金」を用意してから行なう!

    金融投資というのは、文字どおり「資金」をまずは「投じて」、後々に「投じた資金以上のお金を回収すること…
  4. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  5. 2017-7-7

    強く想えば願いはきっと叶う!

    七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・…
  6. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  7. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  8. 2019-7-24

    すべての人が「投資」を学ぶべき理由とは?

    大学生が卒業して社会に出たとき、ほとんどの人の財布の中身はほぼ横並び状態で、大きな差はまだついていま…
  9. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  10. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る