年間200万円の貯金するとどうなる?

たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円となり、10年後には2000万円となり、15年後には3000万円となります。

これを50歳から始めたとして、65歳(定年退職時)にはほとんど3000万円が現金で手元にあることになります(預金利息はたいしたことがないのでここでは割愛します)。

これを5年後の1000万貯まったところで、ちょっとだけ方向転換させてみます。

→ その1000万円で中古ワンルームマンションを購入し、不動産投資を始めたという設定にします。

また、実質利回りを年10%とします。

すると、6年目以降は毎年10%の利回りで家賃収入が入ってくることになり、その額は年間で100万円です。

6年目からは従来の毎年200万円の貯金に加えて、家賃収入100万円を貯めることができます。

すなわち、毎年300万円を貯めることになり、10年後(60歳時)には300万円×5年間=1500万円のお金が貯まっています。

そして、ここでも、この1500万円を元手に年10%の実質利回りで不動産投資を行なうと仮定すると、11年目以降は新たに毎年150万円の家賃収入を得られることになります。

それまでの毎年の貯金額と足すと、11年目からは毎年300万円+150万円=450万円のお金が貯まることになり、11年目~15年目にかけては450万円×5年間=2250万円の貯金が手元にあることになります。

ここでもう一度おさらいをすると、50歳から毎年200万円だけを貯金してきた場合は65歳時点で「現金3000万円」があるだけですが、5年後・10年後に不動産投資を行なったことで、65歳時には「現金2250万円と毎年450万円を生み出す不動産」があることになります。

現金3000万円と2250万円の差である「750万円」は、あと2年もすれば家賃収入でその差は埋まります。

つまり、67歳以降は形勢逆転して、不動産投資をしていたときのほうが手元に残っているお金は多くなっていきます。

何より、サラリーマンが退職・リタイアして労働市場からの収入が0円になった後でも、「毎年450万円の収入があること」は大変心強くありがたいことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・

もちろん、これらは理想論/机上の空論であって、実際にはマンションを賃貸に出しても空室(退去)が生じる月が起こり得ますし、利回り10%を15年以上も継続して得られ続けるとは限りませんので、上記のとおりの計算にはならないと考えたほうが無難です。

また、50歳から65歳まで毎年200万円の貯金をする・・・というのが現実的ではない人も多いと思います。

でも、概要を図る意味では十分です。

ここで言えるのは「ただお金を貯めるだけ」よりは「お金を貯め、ある段階で『増やす』に切り替える」ほうが、後々の長い目で見れば結局は手元に残るお金は後者のほうが多くなる・・・ということです。

自分が年間にいくらお金を貯められるか?・・・などをシミュレーションして、その貯金に加えて「不動産投資」をアレンジしてみると将来のマネープランが面白くなると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  2. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  3. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  4. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  5. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  6. 2018-11-12

    【成功法則】「ビジネスの成功者」はリスクを背負って昇ってきた

    たとえば一つの商品で原価を1万円、販売価格が2万円だとすると、差額の1万円が儲け(利益)となります。…
  7. 2019-3-19

    なぜ、不動産投資をするのか?

    世の中では「理由」で動く人のほうが多いですが、私は「目的」で動くほうが大事だと思っています。 …
  8. 2018-2-23

    妬み、嫉み、僻みを「羨み」に替えよう!

    他人に嫉妬(しっと)したり、他人のことを僻(ひが)んだりする人は人から嫌われます。 だから、「…
  9. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  10. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る