退職後、普通の暮らしをするためにかかるお金

調査によって多少の差はありますが、65歳以上の非就労者(仕事を辞めた人)が普通の暮らしをするのにかかる金額は38万円くらいだと言われています。

たまに外食をしたり、たまに旅行に出かけたり、たまに宴会など飲み会で普段使わない金額を使ったりすることを是として考えれば、38万円以下のお金では足りないということです。

それに対して、65歳以上の人に保証されている公的年金の額は多い人でも18万円くらいだと思います。

少ない人だと6万円くらいです。

また、年金をもらうにはそれまでに年金保険料をキチンと収めていることが大前提です。

いずれにしても収入が6~18万円で、支出が38万円だとすれば大赤字です。

「毎月20~32万円ほど不足するということが、65歳にならなくてもすでに情報として出回っていることに気づくこと」がまずは重要なことです。

誰でも知り得るし、今このブログを読んでいる人は知ってしまった情報です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎月20~32万円の不足ということは、1年間で240~384万円の不足です。

もしも85歳まで元気に生きると仮定すれば、65歳から85歳までの20年間で4,800~7,680万円不足となります。

健康を害し、病院のお世話になるとさらにお金がかかります。

とりあえず元気で健康に暮らすという前提で考えても約5000万円~8000万円のお金が足りないわけですから、65歳の就労をストップするその日まで、不足分について手を打っておくことがとても大事になります。

対策(解決策)は基本的に3つあります。

一つの手は現金で蓄えておくことです。
もう一つの手として、65歳になってもそのまま就労し続けるという方法です。

そして一番おススメなのが、65歳になってもお金が入ってくるように就労の代わりとなる収入口を設けるという手です。

「それまでの生活を続けることをあきらめる=生活水準を下げる」という手もあります。

ただ、口ではそういっても、人はなかなか生活水準を下げてこれまでの既得権を捨てるような生き方はできないものです。

やはり一番現実的なのは、65歳になっても収入口が途絶えないようにしておくことだと思います。

そして、その金額にして毎月約20~32万円ということが重要なポイントです。

このことに早く気づいた人は、早く行動を起こして対処しています。

気づいても何もしていない人は、もったいない人です。

将来のお金の不安を見て見ぬふりをしてやり過ごすのではなくて、若いうちから早く手を打って準備しておくことは大切なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-10-19

    人生で重要な1番と2番=健康とお金

    老若男女、生きていくうえでと重要なことの最大テーマは?・・・というと、 1.健康 2.お…
  2. 2017-7-7

    強く想えば願いはきっと叶う!

    七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・…
  3. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  4. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  5. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  6. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  7. 2018-9-23

    【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

    よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せに…
  8. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  9. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  10. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る