経営者・リーダーには哲学が必要です

ビジネスでは経営資源を有効に配分して金銭的利益を生むことが求められます。

経営資源の中には、元手になる資金もあれば、人の手もあれば、パソコンや電話などの物的資源もあります。

仮に元手を100万円でスタートするなら、この100万円のうちいくらを場所代に充てて、いくらを通信費に充てて、いくらを原材料費に充てて・・・と配分を考えることが必要になり、それを行うのがたいていはトップである社長の役目ですが、権限を委譲して他のリーダーが行なう場合もあります。

いずれにしても、最初あった100万円が1か月後にはそれ以上になっていて、あるいは2か月後にはそれ以上になっていて・・・と暫時増えていなければそのビジネスは失敗です。

資金に余裕があれば、失敗しても持ちこたえられますが、資金に余裕がなければそこでジ・エンド(倒産)です。

何かを産み出して、それを誰かに買ってもらって利益をキチンと出していく・・・。

これの繰り返しがビジネスの基本形です。

利益がなければビジネスは成り立ちませんから、そういう意味では「ビジネスは金儲け」だ・・・というのも真実です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

儲けたお金を社内でどう配分するのかも大事です。

たいていは、一番上の人(=社長)から多く配分していきます。

下の人ほど分け前は少なくなるわけです。

まあ、良い悪いは別として簡単に言うと企業の構造はそういう仕組みになっていますね。

ここで重要なのは、「お金儲けのためには何やってもいいんでしょ!」とは間違っても発想してはいけない・・・ということです。

なぜなら、ビジネスの邪道を歩み始めることになるからです。

結果さえよければ良い・・・邪道です。

正道はプロセスが適切で結果も適切という道です。

まだ年齢が若い人であれば、ビジネスで失敗して躓いたとしても再起してまた新たな活躍をする機会を得られます。

ところが、ある程度の年齢に達していると再び立ち上がることはけっこう難しいものです。

こうしたことは今までの世の中の歴史が教えてくれています。

経営者が悪魔に魂を売って、倫理観を見失っては行けないですね。

それを踏み止まらせるために必要な概念が「哲学/経営哲学」です。

リーダーは自分の中に常識・知識を基にして独自に生み出した見識・・・すなわち哲学を持っていることがとても重要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  2. 2020-12-26

    【必読】3年あれば人生は変えられる

    人生を変えたければ、「住むところ」を大きく変えればまず間違いなく変えられます。 …
  3. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  4. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…
  5. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  6. 2017-3-21

    【リーダー必読!】人事評価でリーダーが心がけること

    社員の仕事ぶりを評価するときには、いくつもの評価の仕方がありますが、例えばこんな切り口があります。 …
  7. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  8. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  9. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  10. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る