自分年金の取り掛かりは少しでも早く行動を!

2019年7に厚生労働省が発表した平成30年版(2018年版)の「国民生活基礎調査の概況」によると、

○ 50歳~59歳の平均所得は782万円

○ 40歳~49歳の平均所得は702万円

○ 30歳~39歳の平均所得は574万円

○ 29歳以下の平均所得は376万円で、

全体を平均すると551万円だったそうです。

ただし、この「平均」所得の551万円以下の世帯数は全体の約62%にも及ぶそうですから、平均は上位層が持ち上げているだけであまり参考にはならないかもしれません。

また、これまでの平均所得金額の推移を見てみると、1994年の664万円を天井にその後は年々減り続けており、25年の間で約113万円(664→551万円)も減っていることになります。

113万円ということは月額に直して約94,000円の減額ということです。

世間を賑わせた「老後2000万円問題」は月額5万円の不足が主な原因ですから、上記の▲9.4万円がなかったら、起きなかった問題だとも言えそうです。

とりあえずは「自分の身は自分で守る」ことが大事で、世間がどうであれ、他人がどうであれ、まずは我が身(家族)が路頭に迷うことなく平和に暮らしていけるように金銭面での必要な金額の確保が重要です。

現在の頼りない公的年金制度にすべての生活資金を期待してはいけないと思います。

無いよりは(もらえないよりは)マシ・・・というくらいの感覚で、その他に「自分年金」を作って(設けて)おくことが大事だと思います。

そのときに必要と想定する金額は、その人のライフプラン次第です。

月に5万円程度で構わない人もいれば、月に10万円は欲しいという人もいるだろうし、「いやいや月に40万円以上欲しい」という人もいるかもしれません。

自分のライフプランに合わせた数字を弾き出し、その金額を確保するための収入源をつくっていくことが大事だと思います。

そして、何よりも重要なのは「そうした収入源は一朝一夕ではつくれない」ということであり、したがって「一日も早く行動を起こすこと」が重要なポイントになってくると言える・・・と思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る