コツコツと、でも、確実に月収をアップさせよう!

サラリーマンは自分の毎月の手取り収入がもっと増えたら嬉しいに決まっていますが、具体的に

1.いくら増えたら嬉しいのか?

2.そうなるために何か行動をしているのか?

・・・と聞かれるとたいていの人は「不明/ノー」と答えると思います。

そこがビジネスマンと違うところです。

ビジネスマンは、自分の中でそうしたことはいつも明確にしています。

・・・・・・・・・・・・・・

仮に「毎月5万円の収入アップを毎年したい」と思うなら、1年間では60万円分であり、2年で120万円分、3年で180万円分、4年で240万円分・・・となり、10年では600万円分に相当します。

年収ベースで600万円と考えると、普通のサラリーマンの1年分の給与と同じ(かそれ以上)です。

一気に年収600万円アップを図るのは難しいことですが、1年あたりで60万円アップ(=1ヶ月あたりで5万円アップ)を10年間、毎年連続して行なう・・・と思えば、難しさのハードルも下がります(それでもまだ高いハードルかもしれませんが・・・)。

この「たった10年(←あえて「たった」と書きました)」を待てない人が世の中には多くいて、そういう短期目線の人が投機やギャンブルや下手をすると詐欺話に流れていきます。

あわよくば月収100万円アップ!・・・なんてまずもって無理だと思うほうが正しいです。

私はコツコツと、でも、確実に前進していくほうが好きですし、自分の性にも合っていると思っています。

仮に今は月4万円アップしかできないとしても、来年に今年より月6万円アップを果たせれば、平均して月5万円アップしたのと同じです。

そうやって、3年・・・5年・・・7年・・・10年・・・と継続していけば、10年後には今よりも年収600万円の増加となっているわけで、たとえば今40歳のサラリーマンだとすれば、50歳になったときに今よりも年収600万円増えている・・・と思えばけっこう嬉しいことだと思います。

あるいは、10年後でなくても20年後(60歳時)であっても嬉しいと思います。

あるいは、30年後(70歳時)であっても嬉しいと思います。

いずれ使い切れないぐらいの収入になるかもしれません。

10年では難しいことも、コツコツと努力を重ねて30年で実現させるなら、より平易な話になります。

最初はちゃんと積み上がるモノや仕組みなどをがんばって作る必要がありますが、労力は徐々に軽くなっていきます。

貧乏人は「大金なのにそれを小銭扱いしがち」ですが、お金持ちは「小銭なのに大金扱い」をするものです。

時間をかけてコツコツと・・・でも、確実に自分の月収をアップさせていく、という発想は、40代以降のサラリーマンほど大切なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る