小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。

マイナス金利というのは、明治・大正・昭和時代にはなかった概念で、平成時代になって初めて経験している世の中の仕組みです。

多くの人は気づいていないかもしれませんが、こうした中でお金を銀行に預けてただ寝かしておくだけというのは、とてももったいない行動だと思います。

なぜなら、徐々にインフレ傾向が強まっていく中で、お金の価値がどんどん目減りしていくだけだから・・・です。

それに対抗するには「投資」を行なうしかありません。

時代は「貯蓄から投資へ」の時代にとっくの昔に切り替わっている・・・と認識するのがお金の教養を持つ人の発想法です。

将来的には金利も上がることが予想されますが、まだその時ではありません。

なぜなら、多くの人は景気の回復に疑心暗鬼で、消費活動を抑えて貯蓄に励んでいるからです。

そうした段階では金利が上がることはない、と思います。

見方を変えれば、とってもチャンス!なわけです。

お金を財資産に換えて持つ・・・という思考が大切で、実際にその仕組みを少なくとても小さくても良いので、まずは一つ・・・そしてもう一つ・・・と作ってみることが大切です。

そうすれば、お金が勝手に増えていくモノ(財資産)を持っているわけですから、後は単に時間をかけてその仕組みを膨らませて(維持発展して)いくだけ・・・です。

速度を上げたければ、数を増やして同じような仕組みを作ればいいだけです。

具体的には「収益不動産を買う/保有する」ということです。

最初の収入は「手取りで1万円(数万円)程度」かもしれません。

物件1つで家賃収入から経費を差し引いて、月に○万円くらいの収入・・・みんなバカにする金額かもしれません。

大金使って、たったの○万円!ですか・・・と。

でも、笑いたい奴は笑わせておけばいい・・・と思います。

スタートはいつも、どんなことでも「ちょっとだけ」が原則であり、基本であり、常識です。

コツコツ続けていくと、時間が経つほどにその規模は大きくなり、不動産投資の数で言えば、所有する物件の数が気がつけば5戸になり、10戸になり、20戸になり、30戸になっていきます。

1戸あたり1万円で小さく始めた経験が功を奏して、1個当たり2万円・・・4万円・・・と増やすことにも成功し、結局月に100万円以上の収入になっていくことは十分あり得る話です。

必要なのは「行動力」と「時間」です。

仕組みさえできて軌道に乗れば、後は勝手にお金が増えていくので、そのお金が貯まってきたらまた次の物件を買うこともできます。

そしたらまた収益が増します。

そうやって、時間が経つほどに2次関数ばりにどんどん加速していきます。

これは、決して夢に見るような話ではなく、「やればできる」話です。

多くの人は「やらないだけ」、もしくはそもそも「知らないだけ」・・・で、少しの人は「知ってもやらないだけ」です。

しかし、どんな人も最初の「収益不動産1戸」を持たない限り、永遠にゼロのままです。

ここはとても重要な点です。

本気で将来を考えるなら、やはり「投資」は必須の方法であり、特に権利収入の一つである「不動産投資」はかなり有効な手法だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-15

    人生、想えば成るものです!

    私は2014年春までは、普通に会社員生活を送っていましたが、50歳の誕生日で会社を退職してリタイア生…
  2. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  3. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  4. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  5. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  6. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  7. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…
  8. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  9. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  10. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る