連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんので絞り込んだ銘柄の推奨は行なっていませんが、考え方、発想、心の姿勢はお伝えしておきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

先週から今週(2020年3月上旬~中旬)にかけて世界の株式相場は大きな波乱に見舞われました。

コロナショック・・・コロナ恐慌と呼ばれる今の経済情勢の中、多くの株式投機家たちが青ざめています。

そうした中で、逆に嬉々爛漫と「いつ株を買おうかな?!」と目を輝かせている人もいますが、それはかなりの少数派だと思います。

そういう人たちの発想はこうです。

今、株価を下げている銘柄の中で「本来の業績とは無関係に連れ安(もらい事故)で株価を下げているのはどれだろうか?

つまり、一時的なアクシデントに遭遇してしまったけど、時期が来れば2次関数的に株価が回復基調に戻る銘柄はどれだろうか?

・・・という考え方をしているわけです。

元々の相場環境下であれば株価が徐々に伸びていたであろうに、残念ながら今の環境下では業績等とは無関係にただ機械的に売られて株価が安くなっている銘柄(会社)であれば、今のコロナショックの時期は絶好の買いチャンス! という発想をしている人たちです。

新型コロナウイルス問題が落ち着き、株式相場が正常な状態に戻って株価が回復する局面になることを想定している一部の人たちです。

もしそうなるとしたら、今はどの銘柄を買うのがベターだろうか?

・・・と「今買うべき銘柄」を探っている人たちです。

その「読み」どおりに経済が動くかどうかはわかりませんが、少なくともそうした人たちは自分の過去の経験則から「下がりっ放しの相場はない/暗い夜もいつか必ず明ける」という哲学を持ち、今の株価暴落時においても冷静さを失わず落ち着いた判断力を持ち併せている人だと思います。

企業経営者として、あるいは組織のリーダーとして活躍できる資質を持つ人だと思います。

なぜなら、周りに付和雷同することなく、自分なりの哲学を持ち、落ち着いて全体を見渡し、「部分最適よりも全体最適を視る目、短期より長期目線で物事を判断する力」を持っているからです。

話が少し逸れましたが、いつの世でも株価暴落は事あるたびに起きています。

そして、株式相場は必ずどこかで反転して上昇に転じるものです。

必要なのは「長期目線」だと思います。

5年後~10年後~20年後・・・といった長期目線を持つ人にとっては、こうした株価暴落時においては「連れ安(もらい事故)で下げている会社(銘柄)探し」が重要になってくると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  2. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  3. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  4. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…
  5. 2017-1-6

    秋元康(あきもと やすし)さんの「夢」の言葉

    おニャン子クラブやAKB48など数多くのアイドルを輩出・プロデュースしてきた秋元康さんの言葉にこんな…
  6. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  7. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  8. 2017-6-28

    「教わる」+「育つ」の発想

    学校の先生をはじめとしていわゆる「教育」に携わっている人の多くは「教育とは教え育てるものだ」という考…
  9. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  10. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る