【成功の秘密】収益不動産を一戸買ったとき誰も見向きもしなかったけど…

昔からよくある話ですが、世の中で偉人と呼ばれる人も別に生まれた時から偉人だったわけではなく、人生の中で必ず「何らかの新しい一歩を踏み出した」ときがあり、それが一つの転機となって偉人になっていった・・・と言えます。

そして、そのときの「一歩」にはほとんど誰も見向きもせず、したがって誰も偉大な一歩になることだとは思ってもいなかったはずです(むしろバカにしていたことのほうが多い)。

そんな第一歩だったけど、やがてそれが第二歩となり、第三歩となり・・・徐々にその効果が知れ渡るようになるにつれ、人々の評価は変わっていきます。

そしてついには、ある段階でバーン!と大きな成果を出したとき一気に人々の評価が高まることになります。

歌手・芸人・政治家・経営者・ノーベル賞受賞者・オリンピック選手・スポーツ選手・・・など、そうした例の枚挙に暇(いとま)はありません。

別に「偉人」と呼ばれる人でなくても同じで、すべからく人には人生を変える転換点/転換時期があるものだ・・・と私は思っています。

・・・・・・・・・・・・・・

不動産投資にもいろいろなやり方・対象物件がありますが、普通のサラリーマンが手掛けやすいのは「中古・区分ワンルーム投資」です。

なぜなら、投資に出費する全体金額が他に比べて安くて済むからで、安くて済むということはそれだけ破産リスクが軽減できるからです。

私もスタートはそこからでした。

でも、中古・区分ワンルームを一戸購入したくらいで現実的には経済的に自由になれるものでもなく、ちょっとしたお小遣い程度にしかなりません。

だから、誰もそうした行動に見向きもせず、「ふーん、そうなんだ」程度で耳から耳へ抜けておしまい・・・です。

逆に、「そんな投資を始めて大丈夫なの?失敗したらどうするの!?」と心配したり、苦言を呈する人もいると思います。

安いと言ってもそれなりのお金を出して(投資して)いるわけですし、その結果そこで得られるお金が月にたった2~3万円なんて!・・・とバカにする人がいても不思議ではありません。

仮にそれが2戸目・・・となっても同じです。

3戸目・・・となっても同様です。

4戸目・・・5戸目・・・でも似たようなものですが、徐々にその反応には変化が見受けられ始めます。

最初は「ふーん」だった反応もやがて「えーっ?!」となっていきます。

10戸・・・20戸・・・30戸・・・ともなれば、その反応は確実に変わっています。

なぜなら、もはやサラリーマンとして稼ぐ毎月の給料額を超え、経済的自由を手に入れているようになるからです。

年間家賃収入が2千万円を超える規模になると「それは凄いですね!」・・・となります。

でも、この段階で(=物事のある結果の段階で)興味を持って関心を持つようではちょっと遅すぎます。

その過程にある事柄、考え方、発想、未来予想、イメージ力・・・などに目を向けることが大事だと思います。

そして、これはいろんなビジネスや仕事においても同様のことが言えます。

結果だけを見て評価するのは簡単で誰にでもできることですが、それではあまり意味がありません。

未萌(みぼう)に未来を見る姿勢が大事です。

他者の小さな一歩を見逃さず、バカにせず、蔑ろにせず、自分の未来像を重ね合わせて共通項を見い出して何か有益なことを得る・・・という考え方で他人の行動を捉えることは大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  2. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…
  3. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  4. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  5. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  6. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…
  7. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  8. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…
  9. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  10. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る