【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほど安くなりました。

先月よりも2~3割以上安く(場合によっては半額程度で)買えるとしたとき、もしそれが本当に自分の欲しいものであれば、断然買っておくのがセオリーだと思います。

洋服でもアクセサリーでも食料品でも、先月は「1万円かあ……手が出ないわけじゃないけどちょっと高いなあ……」と思って買い渋っていたのが、今月は「前に見たときは1万円だったのが、今は割引セールで5千円で買える(7千円で買える)のか!それなら買っておこうかな!?」と思うのが自然な流れです。

ここで大事なのは「もし、本当に自分が欲しいと思う商品であれば」という大前提です。

「本当に欲しい!」と思うような商品でなければムリに買う必要はありませんし、たとえ半額でも買う気が起きなかったりします。

・・・・・・・・・・・・

ただし、株式相場においては「できることなら「少しでも安く買いたい/どこまで下がるのかわからないからまだ手出しできない」・・・と思うのが人の心理です。

実際、中途半端なところで「買い」を入れると、その後さらに大暴落してムダ買い(ムダ死に)になる恐れもあります。

だから、人は慎重になり、できることなら「大暴落した後の底値で買いたい/底値で買えるなら買っても良い」と自分で自分をコントロールしようとします。

ところが、実際に「底値で買う」なんてことは神業以外の何物でもなく、ほぼ不可能です。

不可能なことに挑戦する姿勢は立派なのですが、資金的に多くの人はそこまで挑戦する経済的余裕がありませんから、そんな無謀なことはしないに限ります。

「スケベ根性を出して底値で買おう! なんてことはしない」……という意識が大事です。

ところが、多くの人はここで判断を誤り、底値でしか買いたくない……という一種のリスク対応意識が過剰に働き、時間の無駄遣いをしがちです。

株価暴落時の下げ相場では、ピタリ!とした底値で買おうとはあえて思わずに、むしろ「底値で買わない、なぜなら底値で売ってしまった人に心的損害を与えて申し訳ないから」……といったくらいの気持ちで臨むのが良いと思います。

そして、じわじわ株価が上がり始めたタイミングで「試し買い(打診買い)」を行ない、その後、少しづつ「買い増し」をしていくのが良いと思います。

それで十分だと思います。

下げ続けているときに買うのではなく、上がり始めてから徐々に買い上がっていく意識で臨むほうがベターだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  2. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  3. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  4. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  5. 2020-12-26

    【必読】3年あれば人生は変えられる

    人生を変えたければ、「住むところ」を大きく変えればまず間違いなく変えられます。 …
  6. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…
  7. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  8. 2018-11-2

    「期待値」で判断する投機手法

    人は、投機したお金が0円になる可能性がある・・・と最初からわかっていれば、その投機を控えるか少額に抑…
  9. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  10. 2015-7-30

    1万円札の鳥はキジ?鳳凰?

    紙幣に描かれる動物は全8種類 お札には数字や文字や絵などいろんなことが描かれています。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る