【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマンション」であり、「中古」であることが大前提で、決して「新築マンション」はおススメしていません。

新築不動産というのは、「まだ誰も使っていない新品でキレイな商品なので入居者がつきやすい」という大きなメリットがあります。

でも考えてみればすぐにわかることですが、そのメリットは「最初の入居者のときだけ」に限られることです。

入居した人が退去になった瞬間に、そうした新築不動産メリットは消滅します。

そして、入居者の退去というのは、近い将来(おそらく数年後)に必ずやってくることです。

その瞬間から、その不動産物件はその他大勢と変わらない「中古マンション」と化します。

そして、それからの時間のほうが圧倒的に長くなります。

すると、新築時には適切であった家賃設定が根本から崩れます。

年数が経つほどに、下手をすれば家賃が半分くらいに下がる恐れだってあります。

周辺に新たな新築マンションが立ち並び始めると、もう新築時当初の競争力は完全に失われます。

結局、投資としての資産運用のシミュレーションが成り立たなくなり、変更を余儀なくされます。

それでも経営が黒字であれば問題ないのですが、往々にして再シミュレーション後の数字はまっかっかの大赤字になることがほとんど・・・だと思います。

ローンを組んでいたなら、そのローンを支払えなくなる可能性大・・・ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それに引き換え「中古不動産」というのはまず最初の物件購入価格を安く抑えられる、というメリットがあります。

また、家賃もすでに下がった状態からのスタートなので、購入後も大きな変動が少なく、したがって運用計画に大きな差異が出にくくなります。

そのため、継続的に安定した家賃収入を得られ、ローンを組んでいても返済できなくなるという心配がなくなります。

事業としてみても収益が安定するので、次の物件の買い増しも行いやすくなります。

(不動産)投資は短期目線ではなく長期目線でとらえることが大事です。

長く続けることに意味があり、運用リスクを考慮したうえで自分が納得・安心感を得られる投資術を選択することが重要です。

その結果、新築マンションは不可!・・・投資先はあくまでも中古マンションに限る!というのが私の投資スタンスの一つです。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  2. 2017-12-17

    【必読】借金返済が一生終わらないのはダメなことなのか?

    一般的に「お金を借りる」と、その後は「元金+利子の返済」となります。 着実に実行していけば、か…
  3. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  4. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  5. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  6. 2017-11-6

    【重要】罰する必要のない人を罰しない!

    自分の人生がうまくいってる・・・と思う人は、心が穏やかになって他人に接する態度も柔らかなものです。 …
  7. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  8. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  9. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  10. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る