【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。

 

残念なことに、中には人を騙してお金を稼ごうとする悪質な商法もあるので、消費者の立場で言うと日ごろからよくよく留意しておく意識が大切です。

 

そんな悪質商法に引っかからない/見分けるために知っておくべきことの一つとして、こんなことが挙げられます。

 

それは「悪質商法は相手が買わないことを最後まで許そうとしない」・・・ということです。

 

一般的に、悪質商法に共通しているのは買わないことを許さないということ・・・だと知っておくと良いと思います。

 

とにかくしつこいことが特徴です。

 

だから、最初は買う気のなかった普通の人も「買います」と言うまでその場を離れることができなかったり、解放してもらえなかったりします。

 

悪質商法のテクニックとしては「なぜ買わないのですか?」という問いかけを相手が「買います」というまでひたすら繰り返してきます。

 

それを知っておくだけでも何かの役に立つと思います。

 

なぜ買わないのか?

→ 〇〇だから。

と真面目に答えた後、その盲点・欠点・抜け穴をひたすらつついてきます。

 

たとえば、

なぜ買わないのですか?

今、持ち合わせがないから/お金がないから。

→ それなら後払いで結構です。

分割払いで結構です。

 

1回当たりいくらまでなら支払えますか?

夫が反対するので買えません。

→ それなら私もいっしょにご主人を説得します。

 

今のところ間に合っているので結構です。→ 間に合っているとはどういうことですか!

間に合っていないからこうして説明を聞いたのでしょ。

 

「~しない」理由をこじつけで一つでも見つけ、そこをつついて反論してきます。

 

悪質商法ではそうしたテクニックを用いてくると知り、そうした業者に遭遇した時はもう相手が何と言おうとまともに耳を貸さないことが重要です。

 

もし、「なぜ~できないのですか?/なぜ~しないのですか?」という営業トークでこちらの拒否を崩そうとしかけてくる輩がいたなら、もうそれ以上は真面目に付き合うことは得策ではありません。

 

それ以上は相手を信用せず、真面目な受け答えをしないように頭を切り替えると良いと思います。

 

実際、これはかなり重要な防衛策です。

 

相手の土俵に立つということはそれだけで相手の理論の中で戦うことになりますから、かなりリスキーです。

 

たとえ話の中での矛盾点を相手がついてきたとしても「そんなこと言いましたっけ?言ったかもしれませんが、それは勘違いでした」とでも言ってサラリとかわすと良いと思います。

 

相手の誘導に負けないコツは「相手のペースに合わせない、巻き込まれない」ことです。

 

一言一句こちらの言葉の綾をとらえて矛盾点をつついてきてもいちいちそれらすべてに答えなければいけない義務も義理もありません。

 

「そんなことをあなたに説明する必要はありませんね」「矛盾していてもいいじゃないですか!」「とにかくあなた(あなたの会社)から買いたくないという態度と意思は一貫しています・・・」などと答えて、その場をサッサと離れることが重要です。

 

そしてそれ以上は「君子危うきに近寄らず」の精神で身を引くことが、悪徳商法から逃れるためのコツになると思います。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  2. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  3. 2024-5-9

    会社内における「権力と権威」の違い

    会社内においてはさまざまな「権力」があって、高い役職に就いている人ほどそうした権力を有しています。 …
  4. 2017-8-18

    20代のうちに「お金の教養」を身に付けたほうが良いわけとは?

    20代と80代の大きな差は、気力・体力的にやり直しがきくかきかないか?の差です。 20代はまだ…
  5. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  6. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  7. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  8. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  9. 2023-7-2

    ふるさと納税は納税というより「寄付」ですが・・・(お金持ちになる秘訣)

    数年前から「ふるさと納税」をしてフルーツなどの返礼品を受け取っています。 先月はサクランボや桃…
  10. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る