我慢せず「移動すること」を選択する意思

地震被害・台風被害・水害・風雪被害のニュースをテレビで見聞きすると、被害に遭わた人たちの苦労が忍ばれ本当に心が痛みます。

自宅が倒壊して住むところがなくなったり、思い出が詰まった品々を失ってしまうことはやり切れない気持ちになりますし、今この瞬間からいったい何をどうすればいいのだろう・・・と途方に暮れると思います。

そんな様子を見て思うのは、「もしもそうなる危険が予めわかっていたなら、早く別の場所へ移動(引っ越し)をしておけば良かっただろうに・・・」ということです。

・・・・・・

サラリーマン本人が、自分が実はブラック企業に勤めているとわかったとき、多くの他人は「そんなブラック企業なんか早く辞めてしまえばいいのに・・・」とアドバイスします。

DV夫に暴力を振るわれている女性がいれば、多くの他人は「DV夫と早く離婚しなさい!」とアドバイスします。

同じように自然災害の危険度が高い場所で何回もその被害に苦しみながら生活をしている人がいれば、「その場所からさっさと引っ越しなさい」とアドバイスしたくなるのが道理のような気がします。

ところが、たとえブラック企業と分かっても辞められない/DV夫だと分かっていても別れられない/毎年自然災害があると分かっていても引っ越しできない・・・といったように、「現状維持を好む人が多くいる」のも事実です。

地震が怖いなら地震が起きにくい場所へ引っ越せば良い/コロナウイルスの感染が怖いならコロナがあまり蔓延していない地域に引っ越せば良い/商売がやっていけないというならやっていける商売に鞍替えすれば良い/世の中が不景気だと嘆くなら景気の良い国へ移住すれば良い/税金が高いと嘆くなら税金の安い国へいけば良い/銀行の利息が少ないと嘆くなら銀行利息の高い国にお金を預ければ良い・・・といったように、今自分がいる環境に何らかの問題があって不平不満を抱く(特に命の危険を感じる)なら、自らが動いて環境を別のものに替えるほうが得策です。

今の環境自体を自分の力で変えることはできません。

できるのは自分が動いて「自分が今居る環境を別のものに替える」ことです。

しかしながら、多くの人はなかなかそれができません。

でも、よく言われるように「できない理由をつらつら考える」のではなく、「できるためにはどうすれば良いかを考え、思い切って行動してみる」ことが大事です。

市・・・県・・・国・・・といった基準/レベルで居場所を考えるのも良いですが、もっと大きく「地球レベル」で自分の居場所を考えてみると、これまでなかった世界観を持つことができるかもしれないと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  2. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  3. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  4. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  5. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  6. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  7. 2017-9-3

    寝る前に明日やるべき仕事を6つ書き起こすべし!

    アメリカのある会社の社長が、どうすればもっと会社を発展させれるだろうか・・・と考えて、ある経営コンサ…
  8. 2017-10-11

    あなたが一番勉強したのはいつですか?

    多くの人は中学から高校へ進学するときに「勉強」をたくさんします。 なぜなら、人生初めての選抜試…
  9. 2021-5-19

    【クイズ】高級羽毛布団はどうやって売れるようになったのか?

    あるお店での実話です。 そのお店の店頭では2種類の価格設定で羽毛布団が売られていたそうです。 …
  10. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る