中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課長など)があり、その下に中堅一般社員層(=主任など)があり、その下に一般社員層(=ヒラ社員など)があると思います。

下の層から上の層に上がっていくことが、いわゆる「出世」です。

売上の規模が大きく、社員数も多い大企業になると、上級管理職層にまで上がるのはほんの一握りだけの社員であり、しかも20年くらいはかかるのが普通です。

これが、中小企業になると、そもそも社員の数が10人にも満たなかったりして、入社間もない人でも「部長職」や「課長職」や「主任職」の肩書を持つことがあります。

それは、対外的な面でそれなりの体裁を取り持つための理由が大半で、あるいは人がいないので本人の名誉のためにお情けで就けてあげていたりするのが多くの場合の実態だと思われます。

そこで大いなるカン違いをしなければ良いのですが、中には「俺は部長様だ!」とか「課長だ!」と肩書だけをもって自分がすごく偉くなったかのようにカン違いをしてしまう人がいます。

しかも、「部長だから/課長だから」と社内で偉そうにするだけでなく、もう経営者(社長)から何ら指導を受ける必要性がない・・・などと思い込んでしまう人もいます。

社長が研修教育を行なおうとしても、自分には必要ないことだ・・・と錯覚してしまうような人です。

任命した社長からすれば、温情で就けてあげただけで本人にその役職に見合うだけの実力も器も人望もないことがわかっているわけで、だからこそ何とかここから育てていこうと思っているのに、当の本人からすれば「余計なお世話だ」と思っているようなパターンです。

親の心、子知らず・・・です。

この両者のギャップは、組織運営上大きな問題を引き起こしかねません。

中小企業の経営者(社長)は、自社の社員に身分不相応な役職をもしあてがうとしたら、それは対外的な理由で就けているだけで、本人の実力はまだまだ乏しいことを事前に説明したうえで役職を就けることが大事です。

ただでさえ人間は事前に説明をされていたとしても、後からいくらでも自分に都合の良いように勝手な解釈をしてしまう動物です。

事前説明をしないで「言わなくてもわかっているだろう・・・」はNGで、多少くどくなってもキチンと言っておいたほうがベターです。

人事評価・役職の任命については、良かれと思ってやったことが仇となる場合もあるので、「人はどういう生き物なのか?」とか「この人物の人間力はどうなのか?」といったことに十分留意して行なうことが大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  2. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  3. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  4. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  5. 2020-10-11

    【重要】不動産投資で「自宅の近くで物件探し」はNG?

    本業にほとんど負担をかけずに自分の収入を増やすことができるのが「投資」です。 そして、その代表…
  6. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  7. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  8. 2018-11-12

    【成功法則】「ビジネスの成功者」はリスクを背負って昇ってきた

    たとえば一つの商品で原価を1万円、販売価格が2万円だとすると、差額の1万円が儲け(利益)となります。…
  9. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  10. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る