リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になってきた時代です。

日本では2007年生まれの子ども(今現在12歳/少額6年生)の半数が107歳まで生きる・・・という予想もあるそうです。

そうなると60代~70歳で仕事をリタイアして、残りは20年間の年金生活を送る・・・という従来のパターンも変える必要が生じます。

場合によっては、働く期間が80代ないしは90歳くらいまでとなるかもしれません。

90歳であっても、車の自動運転の力を借りることで通勤が可能となり、80代くらいだとまだまだ若いの~と言われるようになるかもしれません。

50代、60代で独立起業するのも当たり前、人生で転職回数が2ケタは当たり前・・・という時代も来るかもしれません。

・・・・・・・・・・・

人生の選択肢が増えるのは良いことですが、何事も先立つものは「お金」です。

70代になっても80代になっても、引き続き生活に必要なお金のために自分の好きでもない仕事をやって一生を終える・・・というのであれば何とも悲しい生涯です。

若い頃から、何らかの計画性をもって自分の資産形成について準備をしておくことが、これまで以上に重要になってきます。

長期化するシニアライフに備えて、早い段階で準備を念入りに行っておく必要がある、ということです。

70歳の人でも人生100年時代では、残りの時間が30年間もあります。

30年間も無為無策でダラダラと過ごすのはうまくないでしょうし、お金もそれだとすぐに底をつきます。

公的年金があてにならないことはほぼ確実ですから、「私的年金」を作っておかないと生きていくことすらままなりません。

リタイア後の生活は毎月の公的年金に頼るのではなく、自分で準備した財資産に稼いでもらって、そうした「私的な年金」を用意しておかないと生きていけなくなる時代です。

でも、そうは言ってもなかなかすべての人がその準備をできるとは思えませんから、そうすると訪れるのは「さらなる経済格差/格差社会」です。

人生100年社会の到来とともに、残念ながら個人間の経済格差がますます広がっていくことが予想できます。

経済的な豊かさだけでは幸せな長寿を全うすることはできませんが、お金がないことで制約される老後の人生では惨めなものです。

仕事はいずれしたくてもできなくなる時が必ずやってきます。

その後は自分の代わりに働いてくれる「何か」が必要で、その「何か」とは多くの場合「財資産」であり、「権利収入」と呼ばれる類のものです。

先手を打って準備しないと、急には準備できません。

そのうち何とかなるだろう・・・などと悠長な考えで40代~50代を過ごすのは危険だと思います。

リタイア後に自分は何年生きるつもりでいるか?そして、どんな未来予想図を描いて今を生きているか?・・・今からでも具体的なプランを立てて実践していくことが大事だと思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-29

    ケネディ一家に学ぶお金の話

    5月29日は、アメリカの元大統領ジョン・F・ケネディ氏が生まれた日です。 トランプ大統領が昨年…
  2. 2018-5-16

    部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

    会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。 「○○君、今日も朝から声が大…
  3. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  4. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  5. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  6. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  7. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  8. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  9. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  10. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る