ビットコイン(仮想通貨)がインフレ起爆剤になるか?

580億円分の仮想通貨「NEM」がコインチェックから流出した問題についていろいろな説が囁かれているようです。

諸説/意見はさまざまですが、起きた現実・事実を的確にとらえて「自分に必要なこと」を学び役立てることが大事だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

昨年の年初には10万円ほどだったビットコインは昨年の12月には一時220万円を超えました。

そのため、たった1年でお金持ちになった人も多くいると言われていますし、実際そのとおりだろうな・・・と思います。

理論的には年初に500万円投資(投機)したとすれば年末(12月)には1億円強のお金になっていたことになります。

1年で約20倍ですから、何ともスゴイ話です!

ビットコインをはじめとした各種仮想通貨/暗号通貨に関しては、まだまだ多くの人が疑心暗鬼で参加することをためらっていると思います。

私もその一人です(投機はしない、というマイルールを持っているので元よりやる気はないからです)。

ところが、今後もしも本当に市民権を得て社会的認知が大きく強く広がっていくとすれば、別の意味で無視できない状態になります。

どういうことか?

こういうことです。

↓     ↓     ↓     ↓

円ベースで考えればビットコインは1年で約20倍ですがビットコインベースで考えれば円が1年で約20分の1になったと言えます。

もし、世の中がビットコイン(あるいはその他の仮想通貨)を中心に考える経済社会になっていくとしたら・・・・・・?

「あの時、円の価値は20分の1になったのにそれでも円にこだわって持ち続けていたなんてナンセンスだよな・・・」と言われるかもしれません。

立場を変えて、円を中心に仮想通貨を見るか、仮想通貨を中心に円を見るか・・・ということです。

ちょっとややこしいですが、昨年の円とビットコインの関係で見れば、これは名目的な通貨切下げにつながっていることを意味しています。

通貨切り下げの状態を無視するのは、むしろハイリスクです。

なぜなら、自分が使っている通貨の価値が下がるのは 「一種のインフレ状態」であり、急激に下がるなら「ハイパーインフレ状態」に当たるからです。

ハイパーインフレになると、生活が脅かされます。

別の観点でもう少しかみ砕くとこうです。

仮想通貨が爆発的に値上がりするということは相対的に考えると円やドルの価値が劇的に落ちる(下がる)ということです。

仮想通貨での資産を増やした人が仮にそれを円と交換すれば、自然の流れとして「円」を自由に使って消費活動を高める動きをします。

あぶく銭であればなおさら財布の紐は緩みやすくなります。

そうするとモノやサービスの価格が高くても売れるようになり、円ベースでの物価はどんどん上がっていきます。

一部の人の影響だけでも上がるときは上がりますし、それが一部の人だけではなくなっていくと更に急カーブを描いて上がっていきます。

何よりも、日本は政府の国策として「インフレ」が是認されている経済過程にあります。

物事は「徐々に・・・」というのであれば対処の仕方もいろいろありますが、「急激に!」という場合にはかなり対処が難しくなります。

まあ、円が紙切れになる・・・なんてことは現時点では考えにくいことですが、いずれにしても仮想通貨の普及と高騰が巡り巡って私たちの生活面に影響を及ぼしてくる恐れがあることは押さえておいたほうが良いでしょうね。

良い・悪い/好き・嫌い・・・ではなく、世の中の変化に適応していくことが生き残っていく秘訣であることを忘れてはいけないと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  2. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  3. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  4. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  5. 2017-9-3

    寝る前に明日やるべき仕事を6つ書き起こすべし!

    アメリカのある会社の社長が、どうすればもっと会社を発展させれるだろうか・・・と考えて、ある経営コンサ…
  6. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  7. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  8. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  9. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  10. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る