部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。

「○○君、今日も朝から声が大きいね!」

言ったほう(上司)は褒めているつもりだったのに、当の部下のほうは?と言うと、喜ぶどころか意に反してどうもムスッ!としている・・・・・・。

何か機嫌を損ねたのか、それとももともと今日は朝から機嫌が悪いのか?

一般論でいえば、部下の立場である社員が上司に対してこうした態度をとるのはNGです。

どんな事情があれ、そこはニッコリ笑って「ハイ、ありがとうございます」と返すのがデキる社員の処世術です。

また、話しかけた上司も言い方に注意をする必要があります。

「声が大きいね!」という表現は、自分では褒めたつもりであっても、受け取る人によっては非難されているように聞こえることもあります。

だから、どうせ言うならこうです。

「○○君、今日も朝から声が大きくていいね!」

この「いいね」のたった一言を付け加えるだけで、誉め言葉として言っているのが伝わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

リーダーは、自分が声をかけた相手が新入社員であれ、古株社員であれ、誰であれ、自分の声かけによってその人の機嫌を悪くしてしまったな・・・と気づくことがまず大事です。

そして、素直にその事象を受け入れて、声掛けをした自分に何らかの原因(責任)があることを認識すべきです。

自分はそういうつもりで言ったのではない・・・としても、期待した反応が得られなかったとすれば、やはり自分のアプローチの仕方に問題があったということが言えます。

できることなら、素直に相手に直接聞いてみることがベターです。

相手からフィードバックを得て、今後は気をつけるという改善・工夫がマネジメント力アップにつながります。

これと同じようなことは、漫才やお笑い芸人などについても言えます。

彼ら・彼女らがステージに立って芸を見せるとき、もしも話がスベッてしまって思ったように観客から笑いを取れない・・・としたら、それは観客が悪いのではなく、その程度の笑いしか取れない芸人のほうに責があります。

たとえ、大阪のお客はこれでどっかーん!と笑ってくれた・・・としても、それはそれで東京の観客とは環境・状況がことなるのですから、言い訳にはなりません。

どんな地域・場面でも、目の前の観客を笑わせる責を全うすることができて初めて一人前の芸人であり、ステージに立つ資格があります。

笑わせられない自分は悪くなく、笑ってくれないお客が悪いんだ(ノリが悪いんだ)!・・・などと言っていたら、その芸人は間違いなく干されていくでしょうね。

観客(相手)の反応を見ながら、その場その場に応じて笑いを取れるように実力をつけることが芸人には求められると思います。

話がそれましたが、会社ではリーダーは部下におべっかを使う必要はないし、また、部下は上司のために働いているわけでもありません。

ただし、同じ組織で同じ方向に向かって働く一員として、互いにコミュニケーションを円滑にとって、大人として双方ともに気持ち良く仕事をすることは大切なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  2. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…
  3. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  4. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…
  5. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  6. 2018-11-2

    「期待値」で判断する投機手法

    人は、投機したお金が0円になる可能性がある・・・と最初からわかっていれば、その投機を控えるか少額に抑…
  7. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  8. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  9. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  10. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る