組織では「一つのかごにすべてを盛ってはいけない」

「第23回オリンピック冬季競技大会」が2月9日から2月25日までの17日間、韓国の平昌(ピョンチャン)で開催されます。

先日、運営する側で集団中毒があった・・・と報じられましたが、ニュースを見ていてドキッ!としました。

集団食中毒があったのは「セキュリティー部門だけ」で、そこのメンバーが全員「交代」となる・・・と報じられていたからです。

セキュリティー部門というのは、最重要部門であり、さまざまな訓練が為されていなければいけなく、何かがあったからと言って簡単に全員とっかえ(総入れ替え)なんてあってはいけない部門のハズです。

それが、今回の平昌オリンピックの開催わずか数日前に起きた!というのはまさに「事件!」だと思います。

まるで、スパイ映画・・・謀略映画を観ているような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何年か前に南米のサッカーチームを乗せた飛行機が墜落して選手全員が死亡するという大変いたましい事故がありました。

1軍の選手も2軍の選手も同じ飛行機に搭乗していたため、そのチームはすべての代表選手を失うことになりました。

投資・投機の世界では昔から「一つのかごにすべてのタマゴを盛ってはいけない」という格言がありますが、文字通り「すべてのタマゴを一つのかごに盛る」と、落としたときにすべてが割れてしまってアウト!だからです。

そうならないように「分散投資/分散投機」の大切さを説く言葉です。

アメリカでは、大統領と副大統領は決して同じ飛行機には乗りませんし、行動も常に別行動をとります。

それは、やはり万が一に備えて・・・の話です。組織では、こうした発想が大事です。

人員の交代が容易にできない部署・部門では、全員が同じ行動をしたり、同じ食事をしたりすることは避けるべきです。

万が一に備える発想と行動が大切です。

私も現役時代は、役員(取締役)が全員同じ新幹線に乗って移動するとか、同じバスに乗って移動するということがないように配慮していました。

社長と私はあえていつも別行動をとっていました。

「何も起こらないのが当たり前」でなければいけないのですが、それでも危機管理の意識を持つことは大事です。

組織では「一つのかごにすべてを盛ってはいけない」・・・ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  2. 2018-1-30

    欲をかかなければ老後の20万円収入はカンタンに手に入ります

    銀行預金にお金を置いておいてもほとんど利息はゼロ円の時代です。 老後の生活費を貯金の取り崩しで…
  3. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  4. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…
  5. 2017-4-23

    【成功法則】成功するために肝要なこととは?

    肉体の筋肉は鍛えることができます。 たとえば、腕立て伏せや腹筋の運動をしたときに、最初は10回…
  6. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  7. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  8. 2018-1-12

    【幸運を得る方法】分かち合う→これってやっぱり大事です!

    お金が儲かる話や、時間やお金を節約できる話や、ビジネスに関連する出会いがありそうな場所や、美味しいレ…
  9. 2017-11-24

    【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

    私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマ…
  10. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る