「お金」は本当に存在しているのか?

ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引き出そうとしても・・・それはちょっとできない話です。

なぜなら、すべての国民が預けている分のお金は銀行に保管されていないからです。考えてみれば当たり前の話です。

銀行は預金者から集めたお金を「貸し出す」ことで「利子」を得るというビジネスを行なっていますから、逆に言うと銀行の金庫にお金が保管されているほうがヘンな話で、そんな状態が続くようだとその銀行のビジネスはうまくいっていない・・・と言えます。

銀行にお金があまり置いてないほうが、むしろビジネスがうまくまわっている、ということです。

また、私たちが持っている預金通帳に記載されている「残高数字」は、デジタルの数字として、言わば概念として抽象的に存在しているに過ぎない・・・とも言えます。

つまり、日本国内に本来あるべきのお金の大部分は「現物のお金」としては存在しておらず、デジタル化されている・・・ということです。

まあ、銀行にないだけであって、全国各地の個人・法人含めていろいろな人たちの財布や金庫やタンスの引き出しの中にあるのかもしれませんが、実態は誰にもよくわからず、過去に発表された「数字」によって私たちはその数字を真実だと信じ切っているにすぎません。

極端なことを言えば、普段私たちがマスコミ等で見聞きして信じている「数字」は本当はでたらめで嘘八百かもしれない・・・わけです。

はたしてこの世に「お金」というものは本当に存在しているのでしょうか?

答えは「イエス」が原則ですが、「半分ノー」でもあります。

今の時代、ほんのちょっとの知識があれば、お金を無限に増やす/つくり出すことが可能だと言われます。

なぜなら、お金の数字はデジタル上の数字にどんどん置き換えられるようになってきているからです。

昨今では仮想通貨(コイン)と呼ばれるものがかつてないほどの勢いで普及してきています。

私はまったくついていけていませんが、おそらく50代以降の人のほとんどは私と同じだと思います。

昨年(平成29年分)の所得税の確定申告によると、仮想通貨取引を含む「雑所得」の収入が1億円以上あった人が331人もいた!・・・ことを国税庁が発表しています。

近い将来、お金・・・通貨・・・というモノに対する価値観が大きく変換している可能性があります。

まあ、「お金は天下のまわりモノ」という価値観は一貫して変わらないことを願いますが、そんなお金とどう向き合って付き合っていくかを考えることは大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  2. 2017-6-11

    「新築アパート」の大家さんが収益をうまくあげられない理由

    不動産投資とは「家賃収入を得ること」と言い換えることができます。 日本国内には多くの「大家さん…
  3. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  4. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  5. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  6. 2018-1-1

    ダイヤモンドの原石は磨かれてキレイになります

    ダイヤモンドを原石レベルから皆がよく知っている「ダイヤモンド」にするためには「磨く」という行為が必要…
  7. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  8. 2018-1-26

    1ヶ月「5万円収入増」の仕組みを作る方法とは?

    サラリーマンが給料を「月額5万円アップ」しようとしても、給料は自分の直接のコントロール下にないのでそ…
  9. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  10. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る