仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。

自社が委託を受ける場合は、受注競争で勝つためにも、まずは受注できるような業務委託内容を相手側に提示する必要があります。

内容がうまくないと、他社に仕事をとられて終わり・・・です。

受注を取るなら大きく3つのポイントを押さえておくと良いと思います。

それは何か?

1.成果報酬制にする(=労働時間で報酬を設定しない)

2.相手に優先して儲けてもらう

3.成果が思わしくなかったら報酬を下げる

うまくないのはこんな提案です。

「○○時間(△日)の労働と見込んでいるので、単価◇につき報酬を●●●●円いただきます」

これでは、サラリーマンが時給で働くようなものでうまくありません。

ところが、このパターンの会社は実際には多いと思います。

1人日(いちにんにち)とか3人日などと言って、1日当たりいくら×○日で報酬を決めたりするわけです。

どこも同じようにこのようにしているので、もし本当に腕に自信があるなら、こんな報酬のもらい方を止めてちゃんと「成果報酬」にすると良いと思います。

相手が儲かっても儲からなくても自社は報酬をもらいますよ・・・よりは、相手が先に儲かることを前提にしてそのうえで成果報酬をいただきます・・・とするほうが相手は喜びます。

なぜなら、リスクがほとんどなくなるからです。

したがって、もしも成果が出なかったら報酬はいらない(無料)とすると、さらに相手側のリスクは減ります(=なくなります)。

相手は、まず自分が儲かって儲かった分の中から報酬を支払えばいい、となればその提案を断る理由がなくなります。

この「(自社側の)提案を断る理由がない」という状態に持ち込むことがとても重要なポイントです。

・・・とまあ、これだけ強気に提案できるとしたら相当自信がないとできません。

なにしろリスクを全部こっちが背負うわけですから、業務委託を受けた後に失敗したときの損失は大きいです。

そこで、実はもう一つのポイントがあります。

4つ目のポイントは成果報酬をいただく際に、ある一定の割合で数カ月(場合によっては数年)の間は継続して課金する報酬制にしておくことです。

リスクをヘッジすることはできませんが、うまくいったときの報酬額は増えることになります。

そして、この継続課金性こそが権利収入でもあるわけです。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  2. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  3. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  4. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  5. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  6. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  7. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  8. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  9. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  10. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る