ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。

あまりに辛くて変わらざるを得ない・・・というわけです。

逆に言うと、そんな辛いとき・・・逆境(ピンチ)時こそ人が良い方向に変化するチャンスだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるたとえ話です。

ピンチから脱出できない・・・と嘆く娘に対して、父親が3つの鍋に水を入れて火にかけます。

一つ目の鍋にはイモを入れました。

二つ目の鍋にはタマゴを入れました。

三つ目の鍋にはコーヒー粉を入れました。

5分ほどして、父親はそれぞれの鍋からイモ、タマゴ、コーヒー粉を取り出し、娘の前に置きます。

そして、笑顔で娘にこう話しかけました。

「ちょっと熱いかもしれないけど、ゆっくり触ってごらん」

娘がイモをつまむとイモは柔らかくなっていてすぐにつぶれてしまいました。

タマゴを取って殻を破ると、中はちょうどよい硬さのゆで卵になっていました。

コーヒー粉をつまもうとしたら、父親は粉ではなくコーヒーを飲むように言いました。

それはそれはとてもおいしいコーヒーになっていました。

娘は父親に尋ねます。

これらはいったいどういう意味なの?

父親は答えます。

「これらは、それぞれみんな同じ水に入れたよね。

水はだんだん温度が上がってお湯になったわけだけだ。

面白いのは、周りの環境が水からお湯に変化したとき、中に入れた3つの材料はそれぞれ違う変化をした・・・ということだよ。

イモは、最初は固くて食べられたものじゃなかったけど、ゆでると柔らかくなって食べやすくなった。

タマゴは最初はすぐに割れてしまう弱弱しい中身だったけど、ゆでることで強度が増して固くなった。

コーヒー粉は乾燥して風が吹けば飛んでいくものだったけど、湿ってからは周りのお湯をおいしい液体に変えた。

さて、おまえはどのタイプになるかい?

周りが順境から逆境に変わったとき(水からお湯に変わったとき)、どんな反応をするつもりだい?

イモかい?タマゴかい?それともコーヒーかい?

人生はいつも良い事(順境)ばかりが続くとは限らないさ。

予期せぬピンチ(逆境)に見舞われるときもあるよ。

そのときに、ピンチにつぶされてしまうことも、反対に鍛えてもらうこともできるし、視点を変えてピンチを最大限利用して周囲の状況を変化させることだってできると思わないかい?!

・・・・・・・・・・・・・・

ピンチはチャンスなり!とは昔からよく言われる言葉です。

誰だってピンチには遭遇するものです。

どうせなら、そのピンチを最大限利用するほうがいいでしょうね。

自分が逆境に置かれたとき、果たしてイモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになるか?・・・

それを選ぶのは自分自身ですし、何よりも「自分で選ぶことができる」という今のご時世(時代環境)が素晴らしいことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  2. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  3. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  4. 2018-9-23

    【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

    よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せに…
  5. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  6. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  7. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  8. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  9. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  10. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る