稼ぎ続けられる人が持つ特長/需要ある希少性

ビジネスでは「一時的に稼ぐ」ことよりも「永久的に稼ぎ続ける」ことのほうが重要視されます。

 

なぜなら企業はずっと存続し続ける義務があるからです。

 

これは個々人に当てはめても同様で、若年世代の人は平均寿命くらいまで生き続けることが想定されますから、一時的にお金を稼ぐことよりもずっとお金を稼ぎ続けることを前提として仕事を行なうことが大切です。

 

安定した収入をより確実に得られる一つの方法はサラリーマンとして雇われて他人から給料をもらう方法です。

 

だから、多くの人は「給与所得者の立場」を求め、自らの意思で求人に応募し、正規雇用・非正規雇用を問わず「就職して(雇用されて)」働いているのが一般的です。

 

多くの場合は「雇われる側よりも雇う側のほうが稼ぎ額が多い」のが普通なので、給与所得者よりも経営者のほうが稼ぎ額は多いですが、まあ、それでも給与所得者としての位置づけのほうがリスクは少なくて済みます。

 

中には自分が経営者側になろうと画策して、いったんは給与所得者(サラリーマン)の身であってもいずれ「経営者の立場」になろうと虎視眈々と狙っている人も出てきますが、実際に行動に移す人は限定的かもしれません。

 

・・・・・・・・・・・

仕事をしてお金をもらえるのは、人のやれないことをする/人のやりたくないことをするから・・・だという認識を持つことは大切です。

 

また、そのときにやることの希少性が高く需要が多いほど、よりたくさんのお金をもらえるという論理が成り立ちます。

 

つまり、大きく稼ぎたければ他の人と同じことを同じレベルでしていてはいけないということです。

 

誰かがやってほしいと思っていることを他の人にはできないレベルでやるか、それとも他に問題を解決できる人が少ない分野で相手の問題を解決することなどがポイントとなってきます。

 

「稼ぎ続ける」という点でも同様です。

こうした需要にきちんと応えることができれば「稼ぎ続ける」ことがしやすくなります。

 

「需要がある」ということは、相手にとってお金を支払うだけの価値がある・・・ということの裏返しです。

 

そのうえで、相手により価値をもたらす重要なポイントの一つがこの「希少性」という概念です。

 

需要と希少性があれば「稼ぎ続ける」ことはかなり容易になります。

 

仕事やビジネスの方向性で迷っているなら、この2つの視点をヒントにすると良いと思います。

 

よく世間では「自分の好きな事をやれば成功できる」・・・などといったことが言われ、確かにそれもまた一理ありますが、でも、そこに顧客の需要がなければビジネスはそもそも成立しないし、希少性が薄ければ稼ぎ額は少なくなります。

 

誰もが普通にやっていること/誰でもできるようなレベルでの供給では、一時的に稼ぐことはできてもずっと稼ぎ続けることは難しいと思います。

 

「これやらなきゃいけないけど、自分ではやりたくないな/お金を支払ってもいいから誰か代わりにやってくれないかな/これは自分では無理だけど誰かできる人はいないだろうか」・・・といったことで、仮にそれが自分の好きなことではないとしても、それを行なう対価としてお金を稼ぎ続けられると判断したなら実際にやってみることが大切だと思います。

 

特にそれを他の人ができないレベル(水準)で行なうことができたなら、きっと大きく稼ぐことができます。

 

やっていくうちにそれが好きになり、楽しんでできるレベルまでいけばさらに儲けものです。

 

好きなことであれば、当然上達も早くなり、レベルもどんどん上がっていきます。

 

行動にブレーキもかかりにくくなるので成功が加速して近づいてきます。

 

生きていくうえでは「稼ぎ続ける≧一時的に稼ぐ」ことと「需要と希少性に着目する」ということを念頭に置いてビジネスを展開するのが良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  2. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  3. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  4. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  5. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  6. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  7. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  8. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  9. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  10. 2017-10-25

    【必見!】費用をかけずに自己投資(啓発)をする方法

    自己投資には大きく2つの方法があります。 一つはお金をかけて行う方法で、もう一つはお金をかけな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る