高評価とは自分でつかむものではなく・・・

多くの人は「何かになりたい」とは思っても、そのための手段として「何かをやりたい/やろう」と決意して行動することがなかなかできません。

 

単に「何かになりたいなあ・・・」で終わってしまうわけです。

 

たとえば、サラリーマンの例で言えば

1.年収1000万円越えの社員になりたい

2.役職が部長の立場になりたい

という思いを持つことはあっても、そのための手段として「だから何かをやろう!」とまでは思わない/気づかないわけです。

 

また、ここで一歩進んで「だから何かをやろう」と思って行動したとしても、その結果がすぐに(短期で)出ないため、行動し続ける勇気がしぼんでしまい、結局どこかで諦めてしまいます。

 

そこがもったいないところであり残念な点でもあります。

 

「何かになりたいと思うだけの人」ではなく、「だからこそ何かをやりたい/やろうと考えて行動する人」になることが人生ではとても重要なのですが、でもまあ、なかなか難しいのが実情だと思います。

 

これをやり続けられる人は必ず他者からの高評価を得られるようになります。

 

他者の中にはもちろん上司も含みます。

 

・・・・・・・・・

人は自分のやれていないことをやっている人にスター性を感じ、その行動や言葉に心を動かされることが多々あります。

 

スター性は天性のものだ・・・と思って「自分にはないから無理だ」などと諦める必要はありません。

 

まあ、別にスター性を求める必要はないのですが、サラリーマンとして会社内で出世を求めるのなら、ある程度のスター性を求める姿勢があっても良いと思います。

 

人の心を動かすスター性を身に付ける+身に付けたら少しづつ磨いていく・・・という意識を持つと良いと思います。

 

成功しよう、有名になろう!などと自分本位の姿勢だけで考えているとスター性は身に付きません。

 

反対に、与えられた仕事で関係者のためにベストの仕事をしよう/求められている以上の好結果を出そうという姿勢を貫いていたらいつの間にかスター性を身に付けていた・・・ということのほうが多いと思います。

 

高評価とは自分で掴むというよりも、周囲の人がいつしか持ってきてくれるもの・・・です。

 

ある意味では「成功とは人が持ってきてくれるもの」という傾向があり、またそこで得られる「幸せは自分で決めるもの」・・・だと言えます。

 

何かになりたい → 何かをやろう という姿勢と「高評価を得ようとするのではなく他者のために自分ができうる最大のことを成し遂げる」という2つの姿勢をもって仕事に臨むことはとても重要なことだと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  2. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  3. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  4. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  5. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  6. 2017-5-27

    人前で話すときに緊張しない方法とは?

    私が社内研修等で人前で話をしていたとき、いつも話したいことをたくさん用意していました。 たとえ…
  7. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  8. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  9. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  10. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る