資本主義経済社会の不都合な真実

資本主義社会においては、一番働いていない(とも言える)株主が最もお金持ちで、その次はちょっとは働いている役員がまあまあお金持ちで、その次はそれなりに働いている管理職がお金持ちと貧乏の狭間にいて、最後に最も働いてる従業員が実は一番お金持ちではない(人によってはかなり貧乏)という構図になっています。

 

これが現実社会の図式で、まあ、例外はあるにしてもそんなに大きく外れてはないと思います。

 

「社長は株主のパシリ、従業員は社長のパシリだ」・・・と揶揄する言葉は言い得て妙でもあり、あながち間違えてはいないと思います。

 

かつては、株主、役員、管理職、従業員はそれぞれ生まれたときからその身分がガチガチに決まっていて、自分の生まれた身分以外の身分に移ることが許されない、という感もありましたが、幸い今では努力次第でいくらでも移ることができる時代です。

 

一つの会社に関わる関係者としては、上記の4つに加えてもう一つ「顧客」という関わり方もあります。

(さらに言うと「取引先」という関わり方もありますが、)私は上記4つと顧客を含めた5つの関わり方が大事だと思っています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

話は戻りますが、資本主義経済社会では株主になることのほうが従業員になることよりも重要視されます。

 

資本家(株主)や資本家見習いには、一種の「労働否定(=従業員にならないこと)」の思考が大事になります。

ところが、人は誰でも株主になることはできませんから、場合によっては従業員として働きに出ることが好む・好まないに関わらず求められます。

また、そもそもの論理で言えば、奴隷制度ががない日本では、資本家(株主)に利益献上をしてくれる労働者(従業員)を増やす・育てることが必要で、そのためには昔から存在している「学校」が非常に役立ってきた・・・のかもしれません。

 

学校で学び(教育を受けさせる義務/受ける権利)、卒業後には社会に出て働き(勤労の義務)、そしてそこで得たわずかな賃金から税金を源泉徴収される(納税の義務)がうまく機能して課せられています。

 

知らず知らずのうちに、教育→勤労→納税までを一気通貫で行わされているわけです。

 

こうしたことを考えた昔の人はある意味では本当にスゴイ!と思います。

 

資本主義経済社会に潜んでいる裏の姿も、表面上見えていることと同じように理解をして、自分なりに把握しておくことは大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る