我慢/辛抱する・・・という躾を身につける

子どもの躾の一つに「辛抱することを覚えさせる」という概念があります。

 

「我慢する」ことを覚えさせることです。

 

赤ちゃんは自分の思うようにならないことがあればすぐに泣きます。

 

子どもも泣き喚くことがありますが、ここで「辛抱/我慢」をどれだけ覚えさせるかで大人になってからの「精神的強さ」が大きく変わってくると思います。

 

辛抱できない子どもが大人になるもう泣き喚くことはできませんが、そういう人はすぐに逃避行をしようとします。

 

さらにはその逃避行を正当だと思い込むようになり、都度逃避行の繰り返しをします。

 

転職ばかりを繰り返して一つの会社に長く勤められないような人はその傾向があります。

 

例えるなら、お湯を沸かすのに時間がかかることが我慢できない/辛抱できないで、常に冷たい水か生ぬるい水(湯?)しか手に入らないようなものです。

 

良識のある人なら誰でも知っているように、水をお湯に変える(沸かす)にはそれなりの時間が必要です。

 

時間をかければお湯になるのに、その時間を待つことができない(辛抱できない)といつまで経っても水の変化した状態(=お湯)を見ることも味わうこともできません。

 

人生も同じで、ちょっとの我慢/辛抱によってそこから新たな人生が拓けるのに、その我慢ができないがために新たな境地の世界に足を踏み出せずにいる人がたくさんいます。

 

子どものころの躾(我慢すること)が不足していたまま大人になったのかもしれません。

 

でも、今からでもその躾を身につけることは可能です。

 

何かを今は諦めて捨ててその代わりに別の何かを得る・・・。

 

面白いことに、捨てたり諦めたモノが後から手に入ってきたりします。

 

今は清貧な生活でお金を貯めておき、そのお金をいずれ投資にまわすことで将来はお金に困らない人生を手に入れることができます。

 

たった数年の我慢/辛抱・・・です。

 

数年意識して耐えることで将来の安定を手に入れることができるとしたら、その選択肢を選ぶのは決して間違ってはいないと思います。

「我慢」というのは一種の投資のコツなのかもしれません。

 

逆を言うと「横着」というのは「将来稼げていたはずの金額を捨てる」ようなもので一種の浪費みたいなものかもしれません。

 

最近、自分は何かを我慢して別の何かを手に入れようとしたことはあるだろうか?・・・今の自分は辛抱強さが身についているだろうか?・・・と自問自答してみると良いと思います。

 

我慢ばかりの人生もつまらないですが、別に何かを得るための建設的な我慢/辛抱を身につけることは大切だと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  2. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  3. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…
  4. 2021-3-19

    「何を」節約するか?が大事

    節約をするなら、たとえば「少しでも多くの金を貯める/残す」といった目的意識を持ち、自分で自分に言い聞…
  5. 2017-12-5

    不動産投資で焦って物件を購入するのはNG

    先日、ある不動産物件を紹介されて見に行ってきました。 残念ながら私の投資基準に合致するものでは…
  6. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…
  7. 2019-2-6

    【重要】マネーゲームはお好きですか?

    雇われて働くのがイヤだ・・・という人の中には自分でお金を稼ぐにあたって、特に柱となるビジネスを起業す…
  8. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…
  9. 2020-2-12

    営業でサーヴェイするときに有効な3つの魔法の言葉

    営業活動で、自社商品の説明をひたすら行おう・・・とする人がいます。 もちろん、それがないと営業…
  10. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る