ビジネスを経営するなら「手元にキャッシュを!」です

会社が倒産してしまう原因の大半は、手元にキャッシュ(現金)が無くなってしまうことにあります。

 

売上が上がらないとか、業績が赤字だから倒産するのではなく、たとえ売上があがって帳簿上では黒字経営になっていても、実際の手元にあるキャッシュが0円を下回ってしまうと、結局現実の世界では支払いができなくなって倒産に追い込まれます。

 

逆に言うと、たとえどんな事態になっても、キャッシュが手元にありさえすれば会社が潰れることはありません。

 

世間では「黒字倒産」という言葉があるように、キャッシュが無くなるとたとえ帳簿上は黒字であっても倒産してしまうことが往々にしてあるものです。

 

経営者はとにかく「使う予定のないキャッシュ」をある程度は手元に置いておくことが重要です。

「ある程度」・・・とは、おおよそ月商の2~3か月分くらいが一つの目安になると思います。

 

お金が無くなったら銀行から融資を受ければいいのでは?・・・と考える人も多いのですが、銀行融資の手続きには相当時間がかかります。

今日言って、明日融資を受けられる・・・なんてことはまずありません。

少なくとも数週間はかかるとみておいたほうが無難ですし、そもそもそんな状態に陥っている会社や個人事業主においそれとお金を貸してくれるほど、銀行は甘くありません。

 

「晴れた日に傘を貸し、雨の日には貸さない」・・・のが銀行のお決まりのパターンです。

 

大事なのは、普段から「少し多めに」お金を借りることで実績とキャッシュの余裕をつくっておくことです。

 

そもそも「お金を借りる=利子を支払う」ですから、抵抗を感じる人は多いかもしれません。

 

確かのその気持ちはよくわかります。

本来支払う必要のない余計な利子を支払うのはもったいない話で、意味のないことのように思えます。

 

でも、そこが大事な点です。

何度も言いますが「実績とキャッシュの余裕」をつくることが大事で、これが未来の担保となります。

 

仮に融資の金利を年2%とし、500万円を5年間借りたとしても、月の利子は約4千円ちょっとで済みます。

 

月々4千円強のコストで500万円を借りることができれば、倒産しにくい状況が作れます。

 

4千円でも無駄になる、もったいない・・・と考える人もいらっしゃると思いますが、万が一の時のための「掛け捨ての保険」と思えば良いと思います。

 

ビジネスは水モノ・・・とも言われますが、いつ、何時、どこで、どのような不測の事態が起きるとも限りません。

 

万が一の時のために助けてくれる金融機関は1つよりも複数が良いのは当たり前で、そうしたことがないことが一番ですが、でも、経営者という立場で社員を守るという使命感と責任感を全うするためにはやはり「安心と安全」を確保・担保する必要があります。

 

ビジネスを経営するなら「手元にキャッシュを!」・・・の意識は大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  2. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  3. 2018-5-22

    カラーバス効果で夢を叶えましょう

    街中でも、自分の家でも、会社(オフィス)でもどこでも良いので、こんな実験をしてみてください。 …
  4. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  5. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  6. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  7. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…
  8. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  9. 2017-5-16

    権威を身に付けたかったら・・・

    権威というのは、形はないし、目にも見えません。 本当はあるのかどうかも分からないようなシロモノ…
  10. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る