定年退職時5000万円の持ち金の行方

仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退職金2000万円=5000万円あると仮定します。

投資に興味のない人は、この5000万円はタンスにしまっておくか、銀行に預けるくらいですが、それだと利息はほとんどつきませんから、ちょっと欲が湧いて何とか「少しでも増やすことができたらなあ・・・」と思うのが一般的な人の想いだと思います。

でも、多くの人は結局は安全策で銀行に預けておくだけ・・・となるのが現実だと思います。

仮に、その後は年金をもらいながら年金では足りない分を毎月20万円(年間で約250万円)程度を5000万円の中から切り崩して生活をしていくとします。

1年後(66歳) → 残額4750万円

2年後(67歳) → 残額4500万円

3年後(68歳) → 残額4250万円・・・・・・となり、

10年後(75歳)→ 残額2500万円となり、

20年後(85歳)にはついに残額0円となります。

定年退職時に手元にあった5000万円は20年で底をつく・・・ということです。

・・・・・・・・・・・・・・

一方、勇気を出して、定年退職時に手元にあった5000万円で中古マンションを複数戸購入し、それを賃貸にまわして毎月家賃収入を得ると仮定します。

毎月約20万円強の家賃収入があるとすれば、年間で250万円の家賃収入を得られることになり、そう仮定すれば利回りで5%です。

5000万円投資して利回り5%というのは、決して荒唐無稽な数字ではなく、むしろ低すぎるくらいの利回りとも言えなくもありません。

毎月得られた20万円は、年金だけでは足りない生活費の補填に充てて、月間収支としてはトントンになりますが、別にトントンであれば問題があるわけではありません。

1年後も2年後も3年後も10年後も20年後も毎月トントンの生活ですが、20年経っても購入したマンションはそっくりそのまま資産として手元に保有したままの状態です。

上記の説明は、税金や退去・空室の計算をしていないので、完全にそのとおりになることはありませんが、でも、概略としてとらえるには十分な考え方だと思います。

貯金の取り崩しで自らの財産を食いつぶしながら生きていくパターンと、貯金を貯金のままにしておかないで投資にまわし、そこから得られる派生益で生活を成り立たせることで生きていくパターン・・・。

どちらを選択するかはその人の自由ですが、私は後者を選択し、自ら50歳を自分が働く定年退職の日と決め、そのとおりに実行しました。

今はまだ55歳なので年金をもらうには早くてまだ10年以上の待ち時間があります。

でも、そうした不動産からの家賃収入を得られる「権利収入の仕組み」を46~47歳で構築したので、こうして日々を自由に暮らせています。

貯金の取り崩しは、最初のうちはまだ良いとしても、その残高がどんどん減っていく不安と、最終的にゼロ円になった後の苦しみ、下手をすれば老後破産という結末が待っているとしたら悲惨です。

貯めたお金は「そのまま使う」のではなく、「増やして、増えた分だけ使う」のが適切なお金の使い方だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  2. 2017-5-18

    お金の仕組みを活用できる人/できない人

    現在、お金は単なる数字でしかない・・・とも言えます。 銀行預金の通帳はただ数字が印字され、一行…
  3. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  4. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  5. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  6. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  7. 2017-7-7

    強く想えば願いはきっと叶う!

    七夕では短冊に自分の願いを書いて、笹の葉につるしますが、最後にそうしたことをやったのはいつだっけ?・…
  8. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  9. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  10. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る