投資から目を背けてはいけない

5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。

これからの時代は、昭和時代のように会社で一生懸命に働けば毎年自動的に昇給していく時代でもなければ、平成時代のように定年退職後はギリギリ公的年金だけで悠々自適に暮らせる逃げ切り世代もいなくなる時代です。

家計の経済的な面は自分の努力と知恵で自分自身の力によって何とかしなければいけない時代になったと思います。

その一つの大きな原因は「多くの人が長生きするようになった」ことにあります。

つまり、以前は手放し・無条件に喜ばれた「長生きすること」が、今後は手放し・無条件では喜ばれなくなりつつある・・・というわけです。

人生における重要なリスクの一つとして、「長生きリスク」が叫ばれるようになり、自分の将来のことは自分で考え、それに向けて早く準備することが求められる時代になったと言えます。

また、会社が終身雇用を放棄した今、会社に人生を捧げる時代でもなくなり、一度や二度の転職は当たり前の時代になっています。

従来型の人生設計(公的年金だけで老後を暮らす)はもはや通用しない・・・と早い段階で割り切って、自分の人生設計を大きく変化させる勇気も必要です。

人生100年時代・・・と言われ、これからは寿命は伸びるけど収入は伸びない・・・という人が多くなります。

いつの時代も、経済的な安定を得るためには絶えず自分の知恵を使って自分の生活パターンにとってどんな収入源を持つのが良いのか?を考えることが大事です。

ただ雇われて会社から給料をもらうのではなく、個々人が、何らかの権利収入(=就労収入ではない収入)の源泉を持つことが大事だと思います。

お金を増やす資産や仕組みを作るといったいわゆる「投資の概念」を組み入れる必要性が高まっていると思います。

この必要性は、歳をとればとるほど痛烈に感じられると思います。

まだまだ現役バリバリの30代・40代の人には実感として湧かないかもしれませんが、もう既に50代・60代の人にはよくわかると思います。

就労収入以外の収入(=権利収入)の源泉があれば、万が一にも事故や病気で自分や家族が働けなくなったときでも収入が途絶えることはありません。

「収入ゼロ」になることが無いのは、精神的にも非常にありがたいことです。

自分の人生を安全で快適に過ごしていくためには、その過程のどこかで「投資」に関して目を背けずに学び、実践してみることが大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  2. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  3. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  4. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…
  5. 2017-2-22

    お金で時間を買う/時は金なり

    A地点からB地点に行くとします。 A地点からB地点に一直線に行くことが効率的で、寄り道して回り…
  6. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  7. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  8. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  9. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  10. 2018-2-1

    己を奮い立たせる言葉を持とう!

    サラリーマンの多くは、歳を重ねるにつれて会社内で地位が上がり、経済的にもゆとりができて、若い頃を振り…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る