減点主義よりも加点主義の方針が良い!

ゴールド免許は運転免許証の更新等をした時点において、過去5年以内に加点対象となる交通違反がない優良運転者に与えられる運転免許証です。

ここでけっこう盲点になりがちなのは「加点対象となる交通違反がない・・・」というところです。逆に言うと、「交通違反をすると加点される」ということです。

一般的に、スピード違反や駐車違反などいわゆる交通違反をすると「減点された…」と言いがちです。

1点減点・・・2点減点・・・と言ったりしますが、これは誤りで、正しくは「加点された」です。

加点され、その合計点数が一定水準に達すると、免許停止や免許取り消しになります。交通違反が何もなければゼロです。

減点方式で物事を考えると、あたかも最初に自分の持ち点があって、違反をするとそこから徐々に点数が引かれていくように思えます。

そして、これは日本の良くない文化の一つだと思うのですが、日本は昔からミスをすると減点されていき、何もミスをしなければ持ち点変わらず・・・という評価がされてきました。

ミスをしない人、減点されない人が優秀であるかのようなとらえ方です。でも、前向きな行動をしてミスをした場合、それは失敗であって失格・落伍ではないのが本来のあるべき姿だと思います。

失敗は次につなげる貴重なステップ・道しるべになりますが、失格・落伍はもう次がありません。その失敗があるからこそ、他の人が同じ過ちをせずに次へ進めることもあります。

減点方式は「事なかれ主義」を生み出し、「やったもん負け文化」を醸成し、「何もしないでやり過ごすのが一番」という悪習を作り上げてしまいます。

「これをやって失敗したらどうしよう…」と思わせ、結局「行動できない人」を作り上げてしまいます。この考え方・文化は良くないと私は思っています。

行動してミスをしたら、確かに減点1点でも構わないのですが、他の人が怖がって何もしなかった行動をとったことに3点を加点することも必要だと思います(=差引2点の加算)。

さらに、もしそこでうまくいけば成功点10点を加算すると良いと思います。また、何も行動しない場合はそれ自体を戒めるという意味で減点2点とするというのも、場合によってはアリだと思います。

運転免許証が加点主義になっているにも関わらず減点主義と錯覚してしまう私たちですが、世の中は減点主義よりも加点主義で生きていくほうが良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-24

    【重要】「人生お金がすべてではない」とは誰が言う言葉なのか?

    「お金(給料・報酬)で仕事を選ぶ人」は、結局のところ、お金を向いて自分の行動基準を設定しています。 …
  2. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  3. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  4. 2017-3-13

    最初は易(やさ)しいことから始めよう

    人は、時間をかけて得る結果をあまり選ぼうとしない傾向があります。 できればすぐに得られる結果の…
  5. 2018-1-22

    「一人王様ゲーム」をやってみませんか?

    昔、合コンや飲み会で「王様ゲーム」というちょっと危ないゲームが流行ったことがあります。 割り箸…
  6. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  7. 2018-3-4

    「自信がある人」の共通点とは?

    自分に自信を持つことは、平常心を保てることにつながりますし、いろんな局面でその自信が良い方向へ物事を…
  8. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  9. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  10. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る