「当たり前」のありがたさを知る・・・

今年の夏は暑い夏でした。

そんな暑い夏もいつしか徐々に涼しさを交えた秋になってきましたが、人の「慣れ」とは不思議なものです。

気温が30度・・・35度を超えるような暑い日は、エアコンのきいた涼しい部屋(建物)に入ると気持ちがかなり和らぎます。

でも、その状態がしばらく続くと人はエアコンのありがたさを忘れ、次にそれに気づくのはその部屋(建物)から出たときで、外気との気温の差を知ることで改めてエアコンのありがたさを知ります。

夫婦関係/恋人関係/親子関係/兄弟関係/上司部下関係/取引先関係・・・などでも似たようなことはよくあります。

つまり、その場・状態に慣れると人は相手のありがたさを忘れがちですが、相手を失ったときに改めてそれまでの幸福状態に気づき、失ったものの大切さに気付くわけです。

・・・・・・・・・・

お金は見方を変えれば部屋の暖房のようなもの・・・と言えそうです。

どういう意味か?

寒い部屋で暮らす人は、何よりも暖房(お金)に憧れます。

暖かい部屋に住めたら、どんなに幸せだろう・・・と思うわけです。

しかし、実際に暖房の効いた暖かい部屋にひとたび足を踏み入れると、その踏み入れた最初こそ幸福感に満たされるものの、その感動はたいして長くは続きません。

暖房のありがたみはすぐに薄れてしまい、暖房のある暮らしが当たり前になり、「暖房があるだけではつまらない」となります。

お金もそれと一緒のような気がします。

サラリーマンは自分の今の給料があと数万円多かったらどんなに生活が楽になるだろう・・・どんなに幸せだろう・・・と思うものです。

実際そのとおりに給料が増えたとき、最初の頃は嬉しさでいっぱいですが、すぐにその状態に慣れ、やがてもっと給料が欲しい!となります。

ありがたみを忘れ、もっと!もっと!という欲が湧いてくるわけです。

人間とはそういう生き物だと思います。

高層ビルに立派な住居(オフィス)を構えて都会の景色を見下ろしたい・・・と高層マンションを購入した人も、いざ入居してみると高層階からの景色なんてすぐ飽きてしまう・・・と言います。

慣れ・・・とは良い面も悪い面もありますが、「当たり前のことに感謝する」という意識と姿勢は人として忘れないように生きていきたいものですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  2. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  3. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  4. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  5. 2022-1-5

    子どものお小遣い/サラリーマン化の伏線

    幼い子どもは親からお小遣いをもらうことで「自分のお金を得る」ようになります。 …
  6. 2022-11-1

    50代になれば今後の生き方を考えておくことも大切に・・・

    人生100年と考えれば、50代はちょうどその折り返し地点に立つ時期です。 …
  7. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  8. 2021-10-11

    株の「売買」に酔いしれてはいけない

    株式売買を頻繁に繰り返してお金を儲けようとする人を「トレーダー」と呼んだりしますが、そうしたトレーダ…
  9. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  10. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る