納期/締め切りがあると人は動きます

コロナ禍において政府はいろんな名目でお金を世にバラマキました。

 

ところがお金には貯蔵力があるため、政府や日銀がどんなにお金のバラマキを行なっても、どこかで誰かがお金を貯め込んでしまい、想定していたお金の使い道とは異なる方向にお金が行っていることも十分あり得ます。

 

本来世の中に流通するハズだったお金が部分的にせき止められ、流れが止まっているわけですが、この状態をマルクスは「貨幣退蔵現象」と呼びました。

 

今はそれによってかえってカネ余りを引き起こし、行き場を失ったお金が株高・不動産高に向けて流れている・・・ということもゼロではないと思います。

 

・・・・・・・・・・・

オーストラリアのヴェルグルという町ではかつてこうした政策がとられたそうです。

 

当時、第一次世界大戦と大恐慌の影響からデフレ不況に陥っていたその町では、独自の地域通貨を作ることにしました。

 

この通貨には一つ大きな特徴があって、それは1か月ごとにその価値が100分の1ずつ減っていく・・・というものです。

 

そういう決まりがあると、その通貨を使わないで家で貯め込む人はほとんどいなくなります。

 

そんなことをすると価値がどんどん下がっていくからです。

 

だから、たいていの人はお金を手にした後、お金を使うように意識します。

 

その結果、その町ではお金の流通が盛んになり、デフレ脱却、失業者の劇的改善現象が起きたそうす。

→ 期限/締め切りが直近の近未来で明確になっていると、人は「損をしたくない」という気持ちが先に立って、そのための行動を起こします。

 

例えはちょっと違いますが、昔のマンガ家が締め切り日に追われて徹夜で原稿を仕上げる・・・という話はよく聞くことですが、これも似たような原則が絡んでいると思います。

 

人は、締め切りを作ると、不思議と脳のほうで「締め切りまでにやろう!」と勝手に動きます。

 

ここから言えることはこうです。

自分が未来にする事を決め、それを期限を設けたうえで手帳に書き込む・・・。

すると、脳が勝手にその期限内に成し遂げようと働いてくれる。

そうした流れを味方につけて実際に成し遂げよう!・・・です。

 

期限を設けると、時間は未来から流れ始めます。

 

現在から流れるのではなく、未来から流れる・・・というところが面白い点です。

 

神様は人間に「死」という「締め切り」を設けました。

命を完全燃焼させるための「スイッチ」であり、命を最大限に輝かせるための「締め切り」でもあります。

 

人は「締め切り」があるからこそ、その締め切りに向けて懸命に行動します(生きようとします)。

 

そういう意味では、自分が死ぬであろう日にちを勝手に想定し、その日時まで残された時間がどれくらいあるのかを逆算し、意識すると良いかもしれません。

 

残された時間が短ければそれだけ一日一日が重要に思えてくるようになり、やりたいこと/やり残したことが見つかります。

 

そうやって、毎日が充実した日になるような必死の生き方にチェンジしていくと良いですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  2. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…
  3. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  4. 2022-4-23

    やる気に火がつくセリフ/火を消すセリフ

    社員には「やる気のある」社員と「いる気のある」社員がいるように思えます。 「やる気がある」とい…
  5. 2017-1-31

    文句を言いたげな社員を味方にする方法(ソクラテス式のマネジメント術)

    サラリーマンというのは自分勝手な生き物で、入社するときはさんざん美辞麗句を並べて、何とか採用してもら…
  6. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  7. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  8. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  9. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  10. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る