【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということがあります。

そして仕組みを「適切に」つくるためには、一度の構築で完成するわけではなく何回もトラー&エラーを繰り返しながら徐々に改善を施していく必要があります。

そこで有効になるのがいわゆる「PDCAサイクル」ですが、私はいつもここにG(ゴール/目標)を加えた「G-PDCAサイクル」と呼んでいます。

参考:過去ブログ G-PDCAサイクル
http://ameblo.jp/superameba/entry-11080727550.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今お金を十分に稼げていない・・・

稼ぐ仕組みを持っていない・・・

でもお金を稼げるようになりたい・・・

と思うなら、これまでに(自分がしたくないと思って)やってこなかったことの中に「お金を稼ぐために必要不可欠なこと」が隠されているかもしれないと一考してみるのも良いと思います。

なぜなら、もしもその必要不可欠なことをこれまでに実践してきたのであれば、今十分に稼げるようになっているハズだから・・・です。

この「立ち止まりと確認」・・・いわゆるC(チェック)が大事です。

サラリーマンとして雇われの身に慣れきっていると、このG-PDCAサイクルの思考回路が欠落していきます。

それは、このサイクルをまわさなくても時間さえ過ぎれば時給・月給をもらえることに旨みを感じ、やがてそれに甘えていくようになるからです。

でも、ビジネスマンはいつもこのサイクルをまわして、自分で自分の行動と方向性を適切に維持しようと努めています。

そしえ、このG-PDCAをうまくまわすためにある工夫をしています。

何か?

それは、すべて「数字で管理する」ということです。言い換えれば「客観的な可視化」です。

数字で計画(P)を立てて、それを実行(D)し、数字で検証(C)して改善をする(A)わけです。

経営においてG-PDCAサイクルが重要とされるのは、結局のところ事業はこの繰り返しで成長していくからです。

何をするにもまずは数字!で、会社の基本は数字ですし、お金に関することはすべて数字で表すことが大事です。

サラリーマンは「自分の感情だけ」を大切にしますが、ビジネスマンは加えて「数字」を大切にしますね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  2. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  3. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  4. 2017-3-28

    若いときほど、金融商品よりも自分への投資を!

    金融商品に投資をして「お金に働いてもらう/お金がお金を生み出す」・・・ということを実践することは大切…
  5. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  6. 2017-3-15

    お金・経済的自由も攻めと守りが大切です

    月給・年収に意識を向けると「攻撃」だけですが、資産に意識を向けると意識は「防御+攻撃」となります。 …
  7. 2018-5-16

    部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

    会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。 「○○君、今日も朝から声が大…
  8. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  9. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  10. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る