【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということがあります。

そして仕組みを「適切に」つくるためには、一度の構築で完成するわけではなく何回もトラー&エラーを繰り返しながら徐々に改善を施していく必要があります。

そこで有効になるのがいわゆる「PDCAサイクル」ですが、私はいつもここにG(ゴール/目標)を加えた「G-PDCAサイクル」と呼んでいます。

参考:過去ブログ G-PDCAサイクル
http://ameblo.jp/superameba/entry-11080727550.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今お金を十分に稼げていない・・・

稼ぐ仕組みを持っていない・・・

でもお金を稼げるようになりたい・・・

と思うなら、これまでに(自分がしたくないと思って)やってこなかったことの中に「お金を稼ぐために必要不可欠なこと」が隠されているかもしれないと一考してみるのも良いと思います。

なぜなら、もしもその必要不可欠なことをこれまでに実践してきたのであれば、今十分に稼げるようになっているハズだから・・・です。

この「立ち止まりと確認」・・・いわゆるC(チェック)が大事です。

サラリーマンとして雇われの身に慣れきっていると、このG-PDCAサイクルの思考回路が欠落していきます。

それは、このサイクルをまわさなくても時間さえ過ぎれば時給・月給をもらえることに旨みを感じ、やがてそれに甘えていくようになるからです。

でも、ビジネスマンはいつもこのサイクルをまわして、自分で自分の行動と方向性を適切に維持しようと努めています。

そしえ、このG-PDCAをうまくまわすためにある工夫をしています。

何か?

それは、すべて「数字で管理する」ということです。言い換えれば「客観的な可視化」です。

数字で計画(P)を立てて、それを実行(D)し、数字で検証(C)して改善をする(A)わけです。

経営においてG-PDCAサイクルが重要とされるのは、結局のところ事業はこの繰り返しで成長していくからです。

何をするにもまずは数字!で、会社の基本は数字ですし、お金に関することはすべて数字で表すことが大事です。

サラリーマンは「自分の感情だけ」を大切にしますが、ビジネスマンは加えて「数字」を大切にしますね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  2. 2017-5-25

    【必読】家計改善は「固定費」の削減から・・・

    家計でも、会社経営でも、国の財政問題でも同じですが、収支の改善・やりくりを考えたときに一番重要となる…
  3. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  4. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  5. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  6. 2019-9-14

    アメリカで注目される「FIRE(ファイア)」

    アメリカの若くて高報酬を得ている人に「あなたはFireになりたいですか」と聞けば、通じる人には通じる…
  7. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  8. 2017-2-25

    不動産セミナーで講師が話したキツイ嫌味

    過日(・・・と言っても随分前のことですが)、ある不動産セミナーに参加したときの話です。 その時…
  9. 2017-5-14

    事実と意見の違いに注意を!

    本を出版するときは必ず「プロフィール」を記載します。 これがけっこう曲者(くせもの)です。 …
  10. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る