その人は何の「プロ」なのか?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

世の中には「プロ」と「アマ」の2とおりの人がいます。

「プロ(プロフェッショナル)」とは、その分野で秀でた才能や特殊な技術を持っているかどうかなどは関係なく、強さや偉大さを求められるわけでもありません。

また、プロ野球で言えば、プロとプロが勝負して必ず敗者が存在するわけですから、プロだからと言って勝つとも限りません。

プロだって失敗したり敗けたりします。

要するに、プロとは「その仕事でお金を得ている人」のことに過ぎないわけです。

それに対して、「アマ(アマチュア)」というのは「プロ以外の人」のことであり、あえて言うなら「対価をもらわずに、何かをする人」のことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分で株式投資をするのは何となく不安だから証券会社の人の言うとおりにしよう・・・というのはちょっと止めたほうが良いと思います。

自分でお金の運用は難しいから、プロに任せて投資信託でも買おう・・・というのも、ちょっと止めたほうが良いと思います。

証券会社でも、銀行でも、郵便局でも、そこへ行けばいろいろパンフレットが置いてあって、窓口で相談すれば各種「おススメ商品」を教えてくれます。

でも、そういう人たちは別に株式売買のプロでもなければ、投資信託のプロでもありません。

もし「投資のプロ」がいるとしたら、その人は「投資をすることによって輸入を得ている人」ですが、窓口で働いている人は投資で生計を立てているわけではありません。

極端に言うなら、「窓口販売のプロ」であり、「営業のプロ」であり、「助言のプロ」です。

人は誰でも、その人がどこから収入を得ているのか?を見れば、何のプロなのかがわかります。

冒頭に書いたように、世の中には「プロ」と「アマ」しかいませんので、プロでなければアマですし、アマでなければプロです。

サラリーマンの人は、「自分自身が何のプロなのか?」を自分の収入源に照らし合わせて思い起こしてみると良いと思います。

そして、自分が仕事をするうえでいつもいつも100%完全完璧なのかを今一度振り返ってみると良いと思います。

そうすると、プロの言うことが必ずしも正しい/適切/勝つ/強い・・・とは限らないことを、(自分の事を踏まえることで)再確認できると思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-25

    経営リーダーに与えられた猶予期間の使い方

    「黒字経営」ということにはどんな意義があるか?・・・と言えば、「その黒字金額分だけ会社は倒産しないで…
  2. 2017-8-3

    ○○歳のときにやっておくべき△個のこと

    人間の年齢を数えるときに1歳はひとつ、2歳はふたつ、3歳はみっつ・・・と数えていきますが、10歳では…
  3. 2022-1-29

    宿命から脱却して運命を引き寄せる/機会を創造する

    「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」とは、株式会社リクルートの創業者/江副 浩正氏の言葉…
  4. 2020-10-11

    【重要】不動産投資で「自宅の近くで物件探し」はNG?

    本業にほとんど負担をかけずに自分の収入を増やすことができるのが「投資」です。 そして、その代表…
  5. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  6. 2017-8-2

    利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

    たとえば「1万円の商品で経費(原価)が9千円」だと仮定します。 一つ売れると1,000円の儲け…
  7. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  8. 2018-3-3

    【必読】経済的自由を手に入れるための発想とは?

    世間のほとんどの人はお金を稼いだらそれを消費にまわします。それがある意味常識になっていると思います。…
  9. 2021-4-6

    大事なのは「月収」より「資産」のほう

    海外では「永住ビザ取得」のために必要な要件というのが、それぞれの国ごとに定められています。 &…
  10. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る