お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。

私もそうでした。

 

子どもが「どうして?」と聞いても、明確な答えをする親は少ないかもしれません。

 

今、親の立場にある私が答えるなら、お年玉に限らず一般的に「お小遣いを貯金しておくわけとは?」・・・というと、お小遣いでは買えない大きな買い物を将来するため」・・・です。

・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンに同じことを当てはめて言うなら、「サラリーマンがコツコツ貯金していくのは、(今の)月給だけではとても買うことができない高額な商品を将来買うため」・・・と言えます。

 

そのために、毎月の給料から少しずつお金を貯めている(貯めることが大切)・・・と言えます。

 

多くの場合は「ただ何とな~く/将来のイザというときのために」・・・という回答が多いかもしれませんが、自分なりに明確な答えを持つことが大事だと思います。

 

1ヶ月の給料では買えない高額なモノを買うためにお金を貯め、それが貯まった段階でその大きな買い物に充てる・・・。

 

そうすると有意義なお金の使い方になると思います。

そのときの買い物は「実体のあるモノ」だったり、目には見えないけども記憶に残る「体験」だったりすることが往々にして多いと思います。

 

加えるなら「収益不動産」です。

まあ、これは目に見える「実体のあるモノ」でもあるのですが、その不動産を自分が使うために買うのではなく、あくまでもそこから「さらにお金を生んで貯めてもらう」ことを狙って買う・・・すなわち「投資」を意図してのお金の使い方です。

 

「投資」というとギャンブルみたいなもの・・・と誤解している人も多いかもしれませんが、本来の「投資」とは「対象物を長く保有し、そこから得られる派生利益を求めるもの」であってギャンブルとは異なります。

ギャンブルは自分の力ではコントロールできないモノの行く末を賭け、その結果手元に残るお金がゼロかゼロ以外か?を試す行為です。

そして、多くの場合は「ゼロ」になります。

「当たり・ハズレ」があるのがギャンブルですが、「投資」にはそれがありません。

 

少なくとも、投資で購入した対象物は手元に残りますから、イザとなればそれを転売するという「投機」を行なうことで元本の一部もしくは元本以上のお金を回収することも可能です。

 

ただし、投資で必要なのは「時間」であり、この「時間」を長くかけることができないと投資妙味は湧いてきません。

 

金額の大きいお金の使い方は「目に見えるモノ」と「目には見えない体験など」と「投資」に振り分けて使うとし、その比率(割合)を自分なりに考えると良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  2. 2019-12-17

    「条件付きの自信」を「条件なしの自信」に変える

    仕事で「ゲン担ぎ」をすることは構わないですが、「条件付きで自信を持つ」ことはあまりしないほうが良いと…
  3. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  4. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  5. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  6. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  7. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  8. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  9. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  10. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る