1年後の目標ではなく、10年後の目標を!

新しい元号「令和」に変わり、名実ともに新らしい年を迎え、新たな決意をしている人も多いと思います。

 

2020年は、いよいよ東京オリンピックが開催される年でもあります。

 

内外ともにオリンピックにはいろんな期待が集まっていくと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

これからの日本では、資産運用の重要性がますます高まっていくと言われています。

そのための第一歩としては、自分が働くだけではなくて、持っているお金に効率的に働いてもらう仕組みを勉強することが必須です。

 

この時期(年末年始)というのは、不思議と財布の紐が緩み、出費がかさむ時期でもあります。

何となく気分が浮足立ってしまう時期なのかもしれません。

 

「年末」という一つの区切りを迎え、「年始」という新たなスタートを迎えることで、人の気分は何となく盛り上がります。

 

これは、世界どの国でもほぼ似たようなものだと思います。

 

若干心が浮足立ちながらも、この時期は向こう数年先に目をやり、新たな目標を設定する/見直す大切な時期でもあります。

 

何かを「結果」に収束させるとき、1年という期間で成し遂げられるもの・・・というのはけっこう限定的です。

 

ある分野でそれなりの「結果」を出そうとすれば、石の上にも3年・・・で早くて3年程度、普通は5年ないしは10年くらいの年月・時間が求められることが多いような気がします。

 

もちろん、1年以内の受験の合格、就職、結婚などといったように「1年以内の結果」もたくさんあるにはあります。

 

でも、常人とは違った「何か」を成し遂げようと思えば・・・しっかり安定した継続結果を出そうとすれば・・・やはり短くても3年くらいのスパンは見ておくほうが無難だと思います。

 

「今年の抱負」・・・という言葉をよく聞きますが、そうした「1年以内の目標・抱負」よりも「中長期目線での目標・抱負」を大切にするのが良いと思います。

 

「2020年の目標は?」と言う人はいても、「2030年の目標は?」と言う人はまずいません。

 

人と同じ道を歩み、同じ考え方・発想をするよりも、他者とは異なる視点で物事をとらえ、思考し、想像することが私は好きです。

 

できれば2050年の目標(今から30年後)2040年の目標(今から20年後)、2030年の目標(今から10年後)、2020年の目標(来年)・・・といったように長期 → 中期 → 短期で目標設定をしていくと、単に「2020年の目標(来年だけ)」とするよりも視界が広がり、発想も奥深くなると思います。

 

思考は現実化する・・・と言われるのは、「短期目標の思考・想像」よりも「長期目標の思考・想像」のほうに統計データを集めた結果だと思います。

 

人生100年時代ですから、100年から逆算して長い目での目標を持つことは大切だと思います。

 

2020年に東京オリンピックがある・・・という前提で、自分自身でも何かを目論むことを大切にしながら、2030年には自分はどうありたいか?・・・ということを考えてみると良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-6

    定年後(老後)の準備は貯金だけでは心許ない・・・

    サラリーマンの定年年齢が徐々に引き上げられています。 今の若い人には信じられないかもしれません…
  2. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  3. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  4. 2018-8-19

    減点主義よりも加点主義の方針が良い!

    ゴールド免許は運転免許証の更新等をした時点において、過去5年以内に加点対象となる交通違反がない優良運…
  5. 2017-10-25

    【必見!】費用をかけずに自己投資(啓発)をする方法

    自己投資には大きく2つの方法があります。 一つはお金をかけて行う方法で、もう一つはお金をかけな…
  6. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…
  7. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  8. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  9. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  10. 2018-5-25

    帝京大学ラグビー部・岩出雅之監督に学ぶ「逆転の発想」

    大学ラグビー9連覇中の帝京大学ラグビー部があります(アメフト部ではなく)。そこまで強くなった背景にあ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る