お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。

当時は選択する余地もなく、ただ「ある」だけで人々は幸せだったわけです。

徐々に時代は豊かになり、人には選択する余地が増えていきました。

「豊かになる」とは「選択肢が増えること」です。

選択肢が増えることで、人は「誤った判断を回避できる」ようになります。

選択肢が一つしかないと、それを選ぶしか手がありませんが、選択肢が複数あると比較検討することができます。

今ではインターネットという文明の進化によって世界中から瞬時に欲しいものを自由に選んで買えるようになりました。

つまり、ビジネスに国境がなくなった・・・わけです。

モノがない時代は、「これでもまあいいか/仕方ないな」と選択の余地がなく妥協させられていたのが、今では「これがいい/これでなきゃヤダ」と主張がはっきり明確になっています。

他社商品との差別化が明確になっていないような中途半端なビジネスだと存続するのが難しくなってきています。

人々は欲しいモノはたとえ大枚を払ってでも手に入れたい・・・と思い、一方で必要のないモノはたとえタダでも要らない・・・という意思表示をすることができるようになりました。

また、仮に入手後に要らなくなったなら、ネットオークションやリサイクルショップ等で売却することもできます。

そんな時代だからこそ、自分の選択眼を鍛え、自分にとって価値あるものと価値ないモノとを見分けることが必要です。

そして、価値ないモノにはお金を使わず、その分は「投資」にまわすくらいの発想が大事だと思います。

お金は「稼いだら使う」という昔の時代から、徐々に変化しつつあります。

すぐに使わなくても困らなくなってきているからです。

稼いだ後「使う」にまわすまで、人は「待ち」の姿勢をとれることに気づき始めています。

そこで大事になるのが「待っている間のお金の置き方/指向性」です。

私はそれを「増やす」に向かわせることが大事だと考えています。

「稼ぐ → 貯める → 増やす」の発想です。

「稼いだら、増やしてから使う」という概念を持つことは、これからの時代ではどんどん重要になっていくと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  2. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  3. 2017-4-13

    企業にとっての「優良顧客」とは?

    自社商品を購入してお金を支払ってくれる人はどんな会社にとっても「お客さま」ですが、あえて区別をすると…
  4. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  5. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  6. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  7. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  8. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…
  9. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  10. 2019-7-9

    「危ないこと」と「怖いこと」と「勇気」

    「投資」は危ない・・・怖い・・・と言う人がいます。 年齢にもよりますが、「危ないことには近…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る