地方都市の今後の方向性

最近、高齢者による自動車事故に社会的な関心が高まってきています。

今までも多少はあったであろう「高齢者ドライバーの運転操作ミス」がやたらクローズアップされ、高齢者は運転を止めるべき/運転免許証を返納すべき・・・といった風潮が目立ってきました。

恐らく、近い将来、何らかの法整備が敷かれることは間違いないと思います。

一理あり、それはやむを得ないことだと思います。

では、そうした高齢者ドライバーは今後どうするのか?

これに対する答えはいろいろ考えられるとは思いますが、一つの方向性として言えるのは「車を持たない/運転をしない生活に切り替える高齢者が増加する」ということであり、それが「そもそも車を必要としない生活基盤を持とうとする高齢者が増えていく」・・・ということにつながるのではないか?と思います。

そして、その結果何が起こるか?と言うと、駅近など公共交通機関へのアクセスがしやすい住居の人気が高まる・・・かもしれない、ということです。

地方自治体など行政もコンパクトシティを推進しており、今後は「自家用車での生活を前提としない不動産物件」への人気が徐々に高まっていくかもしれない、ということです。

あるいは、地方の「電鉄・バス」路線のインフラ整備が急ピッチで進み、日本中どこにいても数分で電車・バスに乗車できる環境が敷かれる・・・という手もありますが、残念ながらこれは現実的ではありません。

費用がかかりすぎるため、ただでさえ人口減が謳われている地方においては、運営母体の採算が合わない(=赤字経営になる)ことは火を見るより明らかだからです。

したがって、外部環境が自分(高齢ドライバー)に合わせて変化してくれることに淡い妄想を抱くよりも、自分が外部環境に合わせて変化していくことを前提に考えるほうが当たりだと思います。

巡り巡って、地方であっても都心部であっても、今後はますます「駅近の不動産物件」に需要が集まり、人気が集中していく傾向が強まるというのが一つの可能性です。

「新築か中古か?」には、あまりこだわらないけれど、病院へ行くにもスーパーに行くにも旅行へ行くにも便利で暮らしやすい不動産物件・・・コンパクトシティにおける生活至便の物件やあるいは物件の設備にこだわる入居者が増えていくような気がします。

地方で言えば、県庁所在地の大きな駅に徒歩5分程度で行ける単身者向けのマンションは不動産投資家にとって狙い目になっていくかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …
  2. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  3. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  4. 2017-2-12

    貧困生活から脱出するには?

    昨今、日々の生活が経済的に極端に苦しい・・・といったいわゆる貧困状態にある人が増えていると言われてい…
  5. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  6. 2017-3-31

    てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

    会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されて…
  7. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  8. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  9. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…
  10. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る